でんますのプロフィールと運営理念

プロフィール
スポンサーリンク

こんにちは、でんますです。

はじめまして!

電気資格の試験対策日記というブログを立ち上げましたでんますです。

このブログでは、下記の資格についての勉強法を伝えています。

・電気工事士
・電気施工管理技士
・エネルギー管理士
・電気主任技術者
・技術士電気電子部門

そして、実際に資格取得をチャレンジしている様子を全て記事にすることで、電気資格の受験者にとって大変有用な【0から合格までの超リアルなロードマップ】を提供できると考えております。

スポンサーリンク

なぜ電気資格の試験対策ブログを立ち上げたのか?

月並みですが、【僕は世の中にもっと優秀な電気技術者を育てて社会貢献したい!】という思いがあります。

電気の知識というのは専門的ではありますが、生活の基盤として使われ今後もなくてはならないエネルギーです。

その高度な専門性から、今後の終身雇用の崩壊、リストラ、個人の価値を上げることなどを考えたときの1つの選択肢として、電気の資格を取る方がいるはずと考えました。

ないお
ないお

資格何もないし仕事もない。どうすりゃいいんだ!

僕は、そんな人の手助けができればと思います。

当然、それ相応の知識を提供しなければ読者はすぐに離れていってしまいますので、自分の実践経験を通じてよりリアルでダイレクトに響くような情報発信を心掛けます。

一切の遠回りをせず、電気資格の取得に成功していただきたい。

そのためのコンテンツを積み重ねていく予定です。

スポンサーリンク

正しい電気技術者が世の中に足りないと感じた出来事

僕は18歳から電気業界に入り、様々なことを学んできました。

ある程度の仕事も、知識もそれなりにあって「まあなんとなくこんな感じで生きていければいいかー」なんてフワフワした感じで過ごしていました。

そんなとき起きたのが、2011年3月11日の東日本大震災です。

未曾有の大災害により、関東県内で初の計画停電を経験し、電気とはこんなにも簡単にダメになるシステムなのかと思いました。

特に、今まで信じ込まれていた原子力発電所の安全神話が跡形もなく破壊され、2019年現在でもどうやって廃炉していくのか明確な答えは出ていないようです。

そして、当時の世間の電気に対する知識の低さには驚きました。

何が一体正しいのか、みんながウソをついているんじゃないかとか、確かにわからないなと、いろいろ考えてしまったのを覚えています。

当時の政府も、よくわかってないけどとりあえず現場いってどうにかするんだ!と、頭のおかしい対応などをしていたり…。

そんな中、当時福島原発の所長だった方は、上の命令に逆らいながらどうにか現場を押さえて日本を救おうと尽力していました。

そしてこの姿を見て、僕は「目指すべきところはここだ。今まで何やっていたんだ。自分にできることはもっと何かあるはずだろ」と。

そして、正しい知識を学び実践でも役立つ知識を伝え、世の中の電気技術者のレベルアップを図っていく、そんなコンテンツを作りたいと思いました。

これが大体26歳くらいのときで、あれから10年ほどですが手探りで電気のブログを作ったり、事業について学んだりしつつも、現在はまた電気の資格取得ブログを作っているような感じです。

スポンサーリンク

従来の勉強サイトと僕のサイトの違い

電気資格試験の対策サイトは、従来では大手ですとテレビCMからの集客による集団指導型の会社が多く、直接指導型の会社というのはほぼ存在しない状況です。

これですと、勉強のほとんどを自分一人で自己管理し合格まで頑張らなければならず、挫折する確率が高いと考えています。

実際に僕も何度も資格試験に挑戦し不合格を経験、挫折しており『なぜ世の中には個人個人に沿った勉強プランを提示したり、定期的なフィードバックやケアを行わないのだろう』と思っておりました。

大手以外でいうと、個人的に合格者が電気資格取得に関する情報を提供しているサイトは数多くあり、情報を得るだけであれば十分すぎる状況です。

ですが、こういった高度な専門性を持った情報にいえることですが、内容や表現の方法が大変難しく、学習初心者の気持ちに沿ったサイト構成にはほとんどなっていないのが現状です。

ということで、僕のブログではこの最大の問題点をクリアするために、実際に資格試験に挑戦している様子をあなたにさらけ出します。

もしかしたら合う合わないがあるかもしれませんので、合わなければ大変申し訳ないですが見ないことをおすすめします。

反対に「これが僕の求めていた情報だ!」となれば、これ以上の喜びはありません。ぜひ活用し合格をつかみ取ってください。

そして他のサイトと違う点でいえば、資格取得のその先を考えた指導を徹底したいと考えています。

なぜかというと、資格取ったハイ終わり!おめでと!みたいな感じで終わるのはおかしいからです。

資格取得は、そもそもその先があるから受験するはずです。

就職がしたいから取りたい、転職でいい条件の会社に入りたいから取りたい、社内で偉くなるために取りたい、上司に取るように言われたから取りたいなど様々だと思います。

ですので、実際に資格を取った後社内で下克上していく方法や、転職成功術などもお話ししていけたらなと考えておりますので、ぜひご期待ください。

スポンサーリンク

僕の経歴と実績

僕は現在大手企業のビル管理をする会社で、66KV受電設備の電気主任技術者補佐をやっているサラリーマンです。

年収は約450万くらい、電気担当として12社くらいとの付き合いがある状況で、点検の調整や予算の調整、営繕計画の立案などを行っています。

また、所有資格は以下の通りです。

  • 第一種電気工事士
  • 第三種電気主任技術者
  • 高所作業者15m未満
  • 玉掛け技能
  • ガス溶接
  • 研削といし
  • 自家発電設備専門技術者
  • 第二種消防設備点検資格者
  • 防災センター要員
  • 自衛消防技術認定

電気工事の経験は16年、今いるビル管理の経験は11年ほどになります。

他にもビルのエネルギー管理士として省エネ提案やトップレベル事業所認定のための資料作成業務、電気関係の営繕工事統括責任者等を行っています。

挫折経験としては、エネルギー管理士と第二種電気主任技術者は4~5年勉強に時間をかけましたが、合格できず諦めています。

そんな僕だからこそ伝えられることもあるかと思います。

ぜひ当ブログを活用し合格をつかみ取ってください!

スポンサーリンク

今後の戦略について

僕はこれから3年以内に電験1種を取得します。

電験1種は権威的にも、技術的にもこれから必ず必要になってくるので絶対に合格しなければならないと考えています。

その後は技術士となり、技術士事務所を立ち上げ電気技術者を養成する塾を運営する予定です。

まず最初の目標としては【オンライン完結型次世代電気主任技術者育成講座】みたいな、そんな感じのものを作ります。

また、この講座を通じて試験に合格した電気主任技術者の方々には、資格取得後の特別サポートとして雇用の保証をしていきます。

ここはまだ構想段階ですが、発電所運営もしくは開発または上述した講座の運営側になっていただきたいと考えています。

そして、まったく新しい発電方式の開発に力を入れている企業への投資なども行い、次世代を担う電力インフラをいち早く導入する日本で最初の会社となります。

特にマイクロ波送電の技術や、宇宙太陽光発電事業なども視野に入れ、世界でも類をみないような電力インフラを構築します。

スポンサーリンク

記事を読んだら、ぜひコメント欄に感想をご記入ください

当ブログの記事を読んだら、ぜひコメント欄に感想をご記入ください。

あなたのご意見・ご感想を参考に、新しいコンテンツを制作します。

場合によっては音声だったり動画だったりというのも考えていますので、あなたからのご感想を心よりお待ちしております^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました