電験はビルメン業務に役立つのか?実際のところをお話しします

電験全般
スポンサーリンク
ないお
ないお

電験はビルメン業務の役に立つのか知りたい。

こういった悩みにお答えします。

僕は現在第三種電気主任技術者を取得していますが、正直なところちょっとあいつ電気ができるな、程度しか思われていない気がしています。

なぜかというと、資格を取る前からすでに電気の業務は相当やりこんでいたので、評価が高かったからです。

なので、資格より実践経験やろ!という話になるのですが、そうじゃなく未経験者が頑張って取得するとどうなるか?といった視点でお話ししていきます。

スポンサーリンク

電験はビルメン業務に役立つのか?実際のところをお話しします

電験はビルメン業界で確実に役に立ちます。

理由はまあ、ビル管理上1名は電気主任技術者を専任させなければいけないというのが法律で決まっているからですね。

でも、ビルが1つしかないのに電験ホルダーが10人くらいいたら溢れるじゃん?なんて思うかもしれません。

が、会社としてはできるだけ電験ホルダーの労働者を確保しておきたいと思っているので大丈夫です。

電験はビル管理上必須な資格である

電気主任技術者は、簡単にいえば電気管理者のトップになれる資格です。

この資格は電気事業法に定められているように、特定のビル管理において必ず1名を選任しなければなりません。

電気事業法43条1項では、「事業用電気工作物を設置する者は、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるため、経済産業省令で定めるところにより、『主任技術者免状の交付を受けている者』のうちから、『主任技術者』を選任しなければならない。」と定めている。

電気主任技術者 – Wikipedia

上記の通り。

ですので、会社としてはできるだけ労働者に多く持っていてもらいたいし、その中で優秀な人間を上へ置いておきたいと考えます。

つまり、ビルメンの会社からすれば管理物件を増やしていくには電気主任技術者が必要不可欠であると言えます。

で、例えば新しい現場の管理権限を獲得したから、あなた電験持ってるでしょ?所長として行ってくれない?といった話が出てくることがあります。

まあ出世したくない人であればありがた迷惑な話ですが、たいていの人は給料も上がるし立場的にトップだしで結構魅力的だなと思うはず。

なので、電気主任技術者を取るとこういったことが普通に起こる可能性が高くなるのでオススメですね。

電験は社内出世に貢献できる

ビルメン会社では、社内の出世基準において電験取得を重視している会社が多いです。

僕が昔いたビルメン会社は、係長以上は全て電験ホルダーでした。

なので、出世したいなら電気主任技術者を取るとあっという間に上にいけるのかと思います。

ただ注意しなければいけないのは、それ以外の業務もきちんとこなすことですね。

ビルメンだと、電気の仕事だけではなくトイレの詰まりとか蛍光灯の玉替えとか、わりとどうでもいいような仕事もたくさんあります。

ときには見積もりなどを取って、業者に工事を依頼したりといったこともしなくてはなりません。

ですので、電験合格したからといって調子にのってサボっていると評価が最悪になります。

僕の会社でも、電験ホルダーなのにあまり仕事をしないし他人に文句ばっかり言っている高齢のおじさんがいますが、評価は最悪な状況です。

資格を取っても調子に乗らずに、謙虚に仕事をこなしておきましょう。

電気のプロとして自信になる

第三種電気主任技術者を取得できるのであれば、工業高校の電気科卒レベルです。

なので、電験を合格すれば例え文系からでも電気のプロになれる資格であります。

電験二種であれば大学卒、電験一種ですと教授レベルでしょうか。

ただしこれは実務経験が伴っていませんので、じゃあ今から現場いって働いてきますわ!とやっても、ゴミ扱いにされびっくりします。

ですので、もし本当のプロになりたいのであれば、取得後最低10年の実務経験を得ればOKです。

まあそれはそれとして、とりあえずビルメンで電験を取るのは今後の仕事をする上で確実にプラスになりますので、取って損はありませんね。

スポンサーリンク

ビルメンならではの特殊な勉強法について教えます

ビルメンをやっているとわかると思いますが、現場で勉強がとてもやりやすい環境のはずです。

中にはクソ忙しい現場についている人もいるかもしれませんが、基本的に暇であるという想定でお話しさせていただきます。

ビルメンは基本的に待機が仕事みたいなところがあって、待機中はなんかテレビを見てたり、同僚とお話ししたりというのがほとんどかと思います。

トラブルなどがなければ本当にやることがねえ…みたいな。

そんな勉強するにはチート環境のビルメンならではの勉強法について説明します。

勉強時間が比較的取りやすい

先ほどもいった通りですが、ビルメンは待機時間というのが比較的多いです。

会社によっていろいろ違うかとは思いますが、巡回点検と業者立ち合いくらいしか予定した作業みたいなのはないはず。

緊急案件はほぼ電話とかで入ってくるので、それをひたすら待機して待つことになります。

この時間が長いのです。

確かに他にも細々とした仕事を持っている人はいるかもしれませんが、たぶん世間一般的にみて確実に暇なはず。

なので、この時間を有効的に活用していくといいです。

普通の会社員だと例えば9:00~17:00勤務だとして、勉強はそれ以降の時間にやることになるかと思います。

ですが、ビルメンでは9:00~17:00の間におそらく2時間くらいは隙間時間があるはずです。

そこで、空いた時間で電験の参考書でも計算問題でも解けば、間違いなく最短で電験合格ができるのではないでしょうか。

暇なときはひたすら参考書を読む!解く!

ということで、暇な時間は常に勉強するスタンスを取っていきます。

時間は有限ですから、何もしない時間を作らないことが大事です。

僕は昔いた現場では実際に毎日2~3時間やって、しかもまったく怒られなかったので効率よく勉強することができました。

当然そこでやっているから家ではやらない、ということはせずに家に帰っても勉強をやったほうがいいです。

個人的に記憶をしやすい勉強タイミングとしては以下のことを考えてやっています。

①勉強する
②寝る前に復習
③起きたら復習
④週末に復習
⑤月末に復習
⑥テスト前に復習

上記の通りです。

つまり、人間は忘れてしまう生き物なので、確実に復習していきましょうということですね。

そして一番記憶が忘却されるのは、勉強してから30分後と寝た後ですので寝る前と起きた後は特に確実にやることをオススメします。

深夜とかだと動画講義を見れる

これは業務外の時間に限られますが、宿直などの深夜時間帯に動画講義を聞くというのはアリです。

最近では、Youtubeに電験対策の動画がいくつも上がっていますから、勉強しやすくなりましたよね。

なのでそういった動画を見たりとか、もし購入した動画講座とかあればそれを見てもいいと思います。

ただし、深夜など疲れているときは暗記系の勉強くらいしかうまくできませんので、見て覚える程度でやめておいたほうがいいです。

勉強はいくつか適した時間帯があります。

①朝:計算など頭を使う問題
②昼:計算と暗記問題
③夜:暗記問題

上記の通りです。

つまり、計算問題はめちゃくちゃ頭に負荷がかかるから、朝一が一番いいということになります。

なのでビルメンであれば、深夜にぼーっと動画講義を見ておくというのも有効な勉強法だと思います。

スポンサーリンク

電験はビルメン業務に役立つのか?実際のところをお話しします:まとめ

電験は非常に難しい資格ですが、業界によっては本当に役に立たないときがあります。

例えば電気工事業界であれば必要ないと言われますし、スーパーの店員なんかも必要ないでしょう。

なので大切なのは、資格は役に立つ業界に行ってこそ価値があるということです。

その点ビルメン業界では、管理物件単位で確実に必要になってきますから需要はまだまだ高いと思います。

これを機に、頑張って取得を目指してもいいのではないでしょうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました