電験と電気工事士の違いについて【具体的な仕事内容もお話しします】

電気資格全般
スポンサーリンク
ないお
ないお

電験と電気工事士の違いが具体的に知りたい。

といった悩みにお答えします。

電気の資格には、主に現場系資格と管理系資格があります。

①現場系資格
・電気工事士
・電気施工管理技士
②管理系資格
・電気主任技術者
・エネルギー管理士
・技術士

上記の通りです。

とはいえ、この資格を持っている人のほとんどは現場で仕事をしているかと思います。

今回はこの中でも比較的簡単に取得できる電気工事士の資格と、電気系最高峰の電気主任技術者の資格についてそれぞれお話ししていきます。

スポンサーリンク

電験と電気工事士の違いについて

先ほど言った通り、電験と電気工事士試験では問われる内容もレベルも全然違います。

そもそも活躍する業界が違いますから、資格の難易度も変わってきてしまいます。

例えば電気主任技術者の資格は、事業用工作物の管理や運営に際し必要な資格となっています。

わかりやすくいうと、電力会社で働く場合必ず持っているような資格かと思います。

電気工事士の資格でいえば、家の電気配線工事や建築現場での電気工事などを主に行います。

このように二つの資格は明確にわかれているので、両方持っていない場合で考えたときは、自分に合うほうを取得するのがオススメです。

具体的な違いについて

電気主任技術者は基本的には事業用電気工作物の保安監督者、つまりその建物の電気設備を維持、運営する責任者となれる資格です。

電気工事士は、電気工事法に基づいて一般電気工作物の電気工事などに従事できる資格になっています。

つまり、管理者と現場作業員とで分かれているということになります。

具体的な内訳については以下の通りです。

これを見ればわかる通り、求められるスキルや経験、資格などはまったく変わってきます。

ですので、この二つはそれぞれ独立した資格だという認識を持てばいいかと思います。

とはいえ、試験内容がどの試験も似た傾向になっているため、意外と違う試験の勉強をしていても合格できる可能性があります。

ですので、もし地力がついているのであったら、ぜひ電気主任技術者試験に挑戦してみるといいですよ。

試験の難易度の違いについて

この2つの資格試験を比べると、圧倒的に電気主任技術者試験のほうが難しいです。

むしろ、電気工事士の試験に合格してから電験を受けるべきと言われるくらいですね。

電気主任技術者では、上記の図でもあった通り幅広い知識が要求されますので、試験でも広く深く問われる問題が出てきます。

そして、通常の資格試験と違い電験は4科目同時受験というなかなかハードな試験となっています。

反対に電気工事士の試験については、小学生でやったような計算と簡単な方程式程度の知識量でもなんとか合格することが可能です。

一言でいえば、暗記してしまえば受かるようなレベルです。

ただ、実技に関しては手で練習をしておく必要があるので、そこは真剣にやらなければいけませんね。

どちらを取得するべきか?

先を見るなら電気主任技術者を取得するべきです。

この資格は、発電所や変電所などの維持管理をするために作られたような資格なので、世の中から電気がなくならない限り需要があります。

さらに入れ替わりが激しい業界でもありますので、うまいポジションにつければ定年まで安泰という可能性も出てきます。

逆に電気工事士は、どこまでいっても労働収入しか得ることができませんので、年収の限界があります。

例えば電気主任技術者で年収1000万稼げたとしても、電気工事士では同じ額を稼ぐのはなかなか難しいです。

およそ休みなしで日給27000円をキープしなければなりませんから、現実的ではないですよね。

ですので、もし取るのであれば電気主任技術者にするべきで、電気工事士は通過点として勉強するというのも一つの手かなと思います。

スポンサーリンク

電気主任技術者と電気工事士の仕事内容の違いについて

電験と電気工事士の明確な違いは、現場作業員か現場管理者か?ということです。

電気工事士では建設現場などに朝から入り、工程表通りに決められた工事を竣工まで行う、というのが仕事になります。

電気主任技術者では、ビルの電気設備や発電所、変電所や送電線などの遠隔監視と定期点検作業を管理したりします。

どちらかといえば、電気主任技術者のほうが上の立場で電気工事士に指示したりするので、上下関係が発生したりもします。

高度な知識を求められる電気主任技術者

電気主任技術者の仕事内容を紹介すると、主に設備管理を行う場合が多いです。

例えば発電所や変電所、送電線などがこれに当たりますが、管理するにあたって電気主任技術者の資格が利用されたりします。

他の業界ですと、ビル管理業界なども該当して僕も今はここにいる感じです。

ビル管理業の中の主任技術者業務としては、下記のようなことを実施しています。

①電気室の巡回点検
②各業者と連携し不具合の是正対応を実施
③小規模修繕作業の実施
④年間保守管理計画の作成
⑤設備保全計画の立案と提案
⑥工事などの進捗管理や現場立ち合い業務
⑦ビルの保安規定の作成
⑧記録の保管や管理業務

上記の通りです。

ぶっちゃけいうと、ここに書いてある仕事だけやれれば最高なのですが、いかんせんサラリーマンだと他の業務もあるので厳しいです。

電気保安法人などの道もあるのですが、電気主任技術者の免状を交付されてから数年実務経験が必要なので、初心者には厳しいです。

その場合は、ビル管理業などで経験を積んでから保安法人に移るというのも、悪くはない考えかと思います。

現場の工事を任される電気工事士

電気工事士は、簡単にいえば町の電気工事屋さんになれる資格です。

例えばエアコンの設置工事とか、室内の配線工事とかなんとなく簡単そうな電気工事を行うことができます。

当然こういった誰でもできそうな工事だけではなく、下記のようなことも行います。

①重さ数トンの電気設備の設置工事と試験
②メガー測定業務
③遮断機のリレー試験
④受電設備の点検清掃作業
⑤地上25メーターを超える高所作業
⑥電信柱での電線接続工事
⑦油変圧器の耐圧試験
⑧ケーブルの絶縁劣化診断
⑨電力ケーブルの敷設作業
⑩照明器具交換工事

上記の通りです。

こちらは電気主任技術者とは違って、この仕事だけを集中して行うことができます。

そもそも電気工事会社に勤めないと、こういった工事は行えないので、本格的な電気の仕事をしたいのであればここを選ぶべきです。

2019年現在では、こういった現場での仕事に関しては人員不足が続いていますので、未経験でもわりと簡単に就職できるかと思います。

自分にあった仕事を選ぼう

最終的な判断としては、自分にあった仕事を考え資格取得をするべきです。

例えば人付き合いが苦手だと、主任技術者業務は務まらない可能性が非常に高いです。

ですので、電気工事士になってから経験を積んで施工管理の道へ進むとかが考えられます。

反対に電気工事士のような体を使うハードな仕事が向いていない場合は、電気主任技術者を目指していくのが賢い選択だと思います。

僕は正直いってどちらでもいけるのですが、しいていうなら主任技術者かなーという感じです。

こういった将来的にどうするか?というのを明確に想像しつつ資格試験に挑むことも必要です。

ぜひ一度どうするか考えてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

電験と電気工事士の違いについて:まとめ

今回ご紹介した電験や電気工事士に限らず、電気の資格は複数ございます。

それらは全て知識がリンクしている傾向にありますので、何か1つでも資格を取得することができると次が楽になります。

そして、次々と関連資格を取ることで誰もあまり真似できない、凄腕電気資格ホルダーになることができます。

それを強制するわけではありませんが、せっかくなんでもしチャンスがあれば狙ってみてもいいのではないでしょうか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました