電験3種を合格するために必要な参考書まとめ

電験試験対策
スポンサーリンク
ないお
ないお

結局参考書はどれがいいのかわからないんだけど、どうすりゃいいの?

こういった悩みにお答えします。

電験に合格するためには、参考書選びは非常に重要です。

ですが、勉強する人は電気の素人から試験経験者など様々ですから、正直言って何を選んだらいいかわからないかもしれません。

そこで今回は、特に一般的な電験3種の参考書に焦点を当ててご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

電験3種を合格するために必要な参考書まとめ

電験3種の参考書は、魅力的なものが多く目移りしてしまいますね。

そのせいか、これもあれもと何冊も参考書を購入してしまうような人も中にはいると思います。

ですが、合格に大切なのは1つの参考書を完璧にマスターすることです。

そして、たまに参考書をマスターせずそのまま難しい問題を解きにいく人もいますが、効率があまりよくないです。

十分に知識が定着しないまま解いてしまっているので、基礎が身についておらず応用問題に対処できなくなる可能性が高いです。

実際の試験では初見の問題しかでませんから、いかに基礎からの解法を展開できるかが勝負ですので、ここを身につけるべき。

ということで、今回はそういった基礎から電験合格まで対処できるレベルごとに参考書をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

電気の初心者向け参考書

その名の通り、電気の知識を0から学ぶような人向けのランキングです。

初心者にまず必要なのは、各用語の結びつきを理解し、計算をある程度できるようにすることだと考えています。

ですので、ポイントとしては下記の通りです。

①内容が中学生でもわかるようになっているか?
②演習問題がそれなりにあるか?
③図解を使いイメージがつきやすくなっているか?

以上を意識して選定しました。

みんなが欲しかったシリーズ

みんなが欲しかった! 電験三種 理論の教科書&問題集 (みんなが欲しかった! シリーズ)

正直言って、初心者レベルから合格を狙えそうな参考書はこれしかないかもしれません。

電験の問題って難しいので、執筆している人も有名な学者さんが多く小難しい内容ばかりで全体的にとっつきにくいんですね。

ですが、こちらの参考書は誰でもわかりやすく、理解しやすいような工夫がされています。

例えば、図や説明文、公式などカラー具合が半端じゃないので、現象の理解が捗ります。

構成も参考書と問題集のセットになっていて、0から地力がつくようによく計算されて作られています。

ですから、一応書店にいっていろいろ見た結果、初心者が学ぶ参考書として一番簡単でわかりやすいと思います。

Amazonでのランキングも相当高く、最近売り始めたばかりなのに好評のようです。

もし、初心者から電験合格を狙いたいなら検討してみてはいかがでしょうか?

電気中級者向け参考書

電気工事士試験合格者レベルのランキングです。

このレベルですと、ある程度の前提知識は備わっているものとして紹介します。

ですので、ポイントとしては下記の通りです。

①説明と演習のバランスがいいか?
②実際の過去問をカバーできるか?
③演習などの解説は詳細であるか?

以上を意識して選定しました。

やさしく学ぶシリーズ

電験三種 やさしく学ぶ理論(改訂2版)

名前と絵柄がやさしそうですが、そこそこ難しい内容です。

ですが基本がしっかり押さえられていて、適度に演習問題もありますのでわりととっつきやすい印象があります。

かなりバランスよく構成されているので、しっかり学びたいという層とわかりやすさを求める層両方を満足させる内容かと思います。

パッと見てなんか読みやすいな…と思えればかなりの良書になるはずです。

スイスイわかるシリーズ

電験第3種スイスイわかる 理論 第2版

こちらもスイスイとは中々いかないかと思います。

このレベルの参考書の中ではこれだけシリーズに近い感じでしょうか。

僕はなんとなくこれだけシリーズより読みやすいな…という印象でした。

解説は丁寧で問題演習も豊富にありますので、こちらの参考書だけで十分試験対策が可能かと思います。

これだけシリーズ

これだけ理論 (電験第3種ニューこれだけシリーズ)

これだけといいつつ、全てはカバーしきれていない印象です。

最低限これだけは知っておいてね…という意図があるような気がする参考書ですが、さすが古くからあるだけあって安定した内容です。

演習項目が若干物足りないかな?という印象ですが、ポイントを簡単に抑えるにはもっとも適した良書かと思います。

古臭いので、合わない人には合わないかもしれません(僕は合いませんでした^^;)

徹底解説シリーズ

平成31年度試験版 電験三種・徹底解説テキスト 理論

その名の通り解説が丁寧でわかりやすい参考書です。

このレベルの中では問題数が圧倒的に多いので、実力をつけるのに最適かと思います。

参考書というか、問題集の面が強い印象ですがこの参考書をじっくりマスターすれば過去問対策はばっちりではないでしょうか。

問題集を使わず、参考書だけで過去問を解く力を身につけたい!という人にとっては、ちょうどいい内容になっていますのでオススメですね!

電気上級者向け参考書

電験3種受験経験者向けのランキングです。

こちらは、ある程度の電験の試験経験があって、電験2種も視野に入れた勉強を考えている人向けになります。

ですので、ポイントとしては下記の通りです。

①あらゆる情報が網羅的に載せてあるか?
②過去問の辞書的な使いかたがしやすいか?
③電験2種などの上位資格まで対応できるか?
以上を意識して選定しました。

完全マスターシリーズ

完全マスター 電験三種受験テキスト 理論(改訂3版)

言わずと知れた最強の参考書です。

知識量では他の参考書の追随を許さないですが、内容が高度すぎて初めて向けではありません。

どちらかというと、電験2種やエネルギー管理士などを視野に入れた勉強をするなら必要になるといったレベルになります。

ですので、これさえあれば合格できると思って勉強を始めても、理解できずに投げ出してしまう可能性が高いです。

もし知識量に自信があるなら、これ以上の参考書はないのでもし読んでみてそこまで難しくはないな…と思えれば大変オススメです。

スポンサーリンク

参考書を使った正しい勉強法のご紹介

いい参考書を手に入れたとしても、勉強方法がよくわからないという人は多いです。

それもそのはず、例えば受験勉強とかそういった試験の勉強方法を紹介する人は多いですが、電験に関しての情報は少ないんですよね。

ですので、今回は「結論としてこれだけ知ってればいーよ」というものをまとめておきました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

知識を最速で使えるようにする方法

どんなことにも当てはまりますが、知識を実践で使うためには膨大な練習が必要不可欠です。

こういった繰り返しという行動を行わないと、人間はすぐに物事を忘れてしまいます。

例えば参考書を使って勉強する場合、例題や応用問題などのインプットに対する習得具合を確認する問題をうまく使う必要があります。

人間は忘れる動物なので、定期的に復習をして脳に知識を定着させていきましょう。

知識を実際の現場に役立てるためには、知識をすぐに取り出して自由自在に変化させ、いろいろなことに応用していく力が必要です。

ですので、まずは勉強してそのあと復習を繰り返し、知識を血肉になるまで染み込ませます。

そうすることで、いつでも知識を知恵に変えられるようになり、初見の問題でも数秒でどうやって解くか判断がつくようになります。

これをよく【閃き】と言う人がいますが、閃くためには膨大な知識の習得と練習が必要不可欠です。

やれば誰でもこの力はつきますので、地道に勉強を積み重ねて、徐々に閃く力をつけていきましょう。

暗記方法総まとめ

暗記はインプット後即アウトプットがよく効きます。

僕が実践している暗記方法は以下のような感じです。

①勉強する
②すぐに演習問題を解く
③寝る前にもう一度同じ問題を解く
④起きたあともう一度解く
⑤週末くらいにもう一度解く
⑥月末にもう一度解く
⑦テスト前にもう一度問題を解く

詳しい暗記のやり方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

電験で使う公式や用語を暗記するコツと注意点について
こんにちは、でんますです。 ないお 電験の公式や用語などをうまく暗記するにはどうしたらいいか知りたい。 こういった悩みにお答えします。 暗記というのはすべての勉強で必要になってくるもので、それ...

もし途中でもう覚えてるわ!となるなら、やめてしまっても構わないですが、基本的には覚えるまで頭に叩き込みます。

理想としては、数秒で解法が思い浮かんで解ける状態になることを目指しましょう。

勉強計画とその実行方法

勉強計画は、大体1週間単位で立てていくとうまくいきやすいです。

例えば下記の通りです。

①1ヶ月で4単元1周する
②1週目 電気計算練習
③2週目電磁気
④3週目 交流回路
⑤4週目 過渡現象

上記の通りです。

意外とこと細かに計画しても、イレギュラーな事情により勉強ができなかったとき自己嫌悪に陥って勉強が嫌になってしまいます。

そうならないためにも、大雑把に1週間と1ヶ月単位の勉強計画を立てるといいですね。

例えば、理論の勉強をやる場合どの参考書でどの順番で勉強するかを決めていきます。

まあすでに参考書のほうである程度まとまっていますから、順番に関してはそのまま進めてしまっても問題ないかと思います。

気をつけるべきは、【この単元をいつまでに終わらせるかちゃんと決める】というところです。

これは大体でいいので、1日にかけられる勉強時間から算出していきましょう。

もし2時間勉強ができるんだったら、このペースでやっていくとこのくらいに終わるかな?という感覚がわかると思います。

で、大まかに1週間で電磁気を終わらせて、2週目で交流回路を終わらせ、3週目で過渡現象を終わらせるとかそんな感じです。

終わらなそうであれば土日で調整しつつ、固めていくと余裕ができてオススメですね。

スポンサーリンク

電験3種を合格するために必要な参考書まとめ:まとめ

今回は参考書の紹介と勉強方法のコツをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

参考書も勉強方法も、どちらも合格には欠かせない要素になっております。

そして参考書でやってはいけないことは、目移りして何冊も参考書を購入してしまうことです。

それを全部勉強すると、一体どれくらいの時間がかかるのか、何が本当に重要なのかなどもわからなくなってしまいますので注意です。

基本的には、信じた参考書を裏切らないように勉強をやり抜くことをオススメします。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました