電験3種の各科目はどれくらいの難易度なのかまとめました

電験試験対策
スポンサーリンク
ないお
ないお

電験の各科目がどれくらい難しいのか知りたい

こういった悩みにお答えします。

電験は4科目試験項目がありますが、初めての人はどれから勉強したほうがいいか?どれが1番難しい科目なのか?などがわからないと思います。

もしかしたら、科目の難しさによって学習する順番を考えている人が中にはいるかもしれません。

ですが、結論として電験の勉強は難しさではなく、学習する順番を第一に考えることが重要です。

そこで今回は、各科目の難易度と勉強する順番について説明していこうと思います。

スポンサーリンク

電験3種の各科目はどれくらいの難易度なのかまとめました

電験の科目難易度についてですが、僕は各科目に計算問題がどれくらい出題されるのか?で難易度が決まると考えています。

よって、電験の科目難易度は下記の通りです。

①理論:やや難
②電力:易しい
③機械:難
④法規:普通

上記の通りです。

理論は計算問題しか出ませんし、機械はその応用だったり電力は文章題が多いです。

以上を深掘りして説明していきます。

理論について:やや難

理論科目は電験の基礎になりますので、まずはこちらから勉強するべきです。

難易度的には【やや難】ですが、ちゃんと簡単なところからステップアップで勉強していけば、問題ないかと思います。

単元については電気理論や電子理論、電磁気学と交流回路計算、三相回路計算などがあります。

これらの知識は、後に説明する【電力】および【機械】の科目で必要になってきますので、確実に知識をモノにしておきましょう。

そして、試験問題は計算問題のみの出題となっており、いかに計算がちゃんとできるか?公式を体に染み込ませているかが問われます。

数学の一般的な知識も必須ですので、もしつまづくことがあるなら、中学や高校の数学からやり直す必要もあるかと思います。

電力について:簡単

電力科目は主に電力供給の設備について問われる科目になります。

単元的には発電所や変電所の運転と、送電線の管理方法などの問題が多くでます。

文章問題がほとんどなので、意外と暗記のみでいけますが少なからず計算問題が出ますから、ある程度の公式などは理解しておく必要があります。

まあ、基本的には理論科目の応用問題なので、公式を覚えて確実に当てはめることができれば特に問題なくクリアできると思います。

大体8:2くらいの比率で文章問題と計算問題が出題されますが、コツとしては設備の特性をひたすら暗記し、多少計算問題の対策を取っておけば大丈夫です。

機械について:難

機械科目は、主に電動機や発電機などの基本的な構成と計算方法などが問われる科目になります。

単元的には電気機器やパワーエレクトロニクス、電動機と照明、電熱や電気化学などなど非常に充実した内容になっています。

電験の鬼門といわれる科目ですので、生半可な知識量では到底合格できないです。

そして、機械科目は全科目中最大の単元数になっています。

ただでさえ難しい単元が、どの科目よりも多くなっていますので広く深くしっかり勉強しなければなりません。

文章問題と計算問題の比率は大体6:4くらいでしょうか、こちらも電力と同様に設備の特性を理解することから始めましょう。

計算問題は若干応用問題が多い印象なので、きちんと理論科目をクリアし、確実に乗り越えられる力をつけておく必要がありますね。

法規について:普通

法規科目は、主に電気関係の法規と施設管理について問われる問題が出題されます。

単元的には、電気事業法や電気設備技術基準などからの穴埋め問題がメインなので、暗記さえできれば合格できる科目となっています。

ただ、法規の最大の特徴は他の科目と比べて問題数が少なく、1問1問の配点が高いところです。

要は間違えるとかなりの点数が引かれてしまいますので、できる限りミスなく回答しなければいけません。

実際の問題から説明しますとこのようになっています。

法規の一般問題が1問6点と、B問題が1問13~14点です。

逆に他の科目だとこのようになっています。

他の科目に関しては一般問題が1問5点、B問題が1問10点になっていますね。

このように他科目に比べシビアな感じであり、さらにB問題は必ず計算問題なのでここをクリアしないと合格は難しいと思います。

ですので、出題される計算問題対策としては暗記だけではなく、理論科目と電力科目をしっかりと習得しておくことが大事ですね。

スポンサーリンク

各科目をどの順番で勉強するべきか解説します

難易度はわかったけど、どういう順番で勉強するべきか?というのを説明します。

結論としては下記の通りです。

①理論
②機械
③電力
④法規

これは明確に理由があって、まずは理論科目で電験の基礎を学び、その後順番に応用的な考え方を勉強していく必要があるからです。

電験は各科目の結びつきが強い試験ですから、知識をうまく順番通りにつけていくことで比較的簡単にステップアップできます。

ですので、極力順番通りに学んでいくことをオススメします。

最初は基礎固めが鉄則

勉強で必ず必要なのが、基礎固めになります。

電験で言えば計算問題と理論がこれに当たりますが、さっさと参考書を勉強して過去問に進む人は後を絶ちません。

大切なのは過去問をやることではなく基礎を固めることで、そもそも電験には過去問とまったく同じ問題は出ません。

ですから、基礎から応用問題の解法がすぐ思いつくように力をつけておく必要があります。

僕は昔過去問やってれば受かるだろうと思い、数年間過去問のみで勉強して試験に挑んでいましたが合格することはできませんでした。

ですので、途中からやり方を変えて参考書から基礎を学び、理解した後に過去問演習に取り掛かるようにしました。

そうしたところ、どんな問題が出てきても瞬時にこうやればいいのかな?という考えが浮かび、難なく合格することができました。

なんとなく過去問を解いていれば大丈夫という資格試験は多いですが、電験はそのやり方は通用しません。

なので、じっくりと基礎を学んでから試験に挑むようにしましょう。

機械は電力の前にやる

理論を学んだあとやるべき科目は機械になるかと思います。

理論は電験の計算の基礎だとするなら、機械は各電力設備の構成や基礎を学べるからです。

設備の基礎を学ぶことで、その後の電力や法規科目の勉強を効率よく進めることができます。

例えば電動機や発電機は、電力では系統電力の計算などで出題されたり、または変圧器に関しても電力設備単元でよく取り上げられます。

また、理論を学んだ後だと計算問題に抵抗なく取り組めると思いますので、電力より先に機械を勉強するといいかと思います。

法規は最後でも大丈夫

法規に関しては暗記が主になるので、他の科目に比べれば勉強期間は少なくてすみます。

内容としては、ほとんどが電気の法律と電気設備の管理基準などを覚えるだけなので、単純暗記でも運が良ければ合格可能です。

ですが、先ほども言った通り得点配分が厳しいので計算問題をクリアできるようにするべきです。

法規のB問題では、完全に電力に関する問題が出題されるので、電力を学んだ後に法規を勉強するのが一番効率がいいかと思います。

このようにうまく連鎖的に学べるようにしていくことで、効率よく合格に近づきますので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

電験3種の各科目はどれくらいの難易度なのかまとめました:まとめ

電験は難しさから戦略を考えるのではなく、勉強効率と知識の定着のしやすさから勉強を進めていくといいです。

とりあえず一番難しい機械からやるとか、簡単そうだから法規から科目合格を狙おうとか考える人も多いです。

ですが、電験とは本来一発合格を狙うべき試験なんじゃないか?と思います。

ひと昔前は一発合格のみしか受け付けてなかったので、今はずいぶん楽になった分、戦略的に勉強する人がいなくなってしまったかもしれませんね。

もし電験の勉強を今から始めるのであれば、ぜひとも理論から始めてほしいし、それが厳しいようだったら計算の練習から始めるべき。

千里の道も一歩から、地道に積み上げていきましょう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました