忙しい社会人のための戦略的資格勉強方法

資格試験全般
スポンサーリンク
ないお
ないお

忙しい社会人でも効率よく資格試験に合格する勉強法が知りたい。

こういった悩みにお答えします。

資格取得を考える人は、そのほとんどが社会人で日々忙しく過ごしているので勉強がなかなかできませんよね。

最近は特にキャリアアップなどが騒がれ、個人のスキルがより評価される時代になってきました。

資格を取得していると、対外的に能力をアピールすることができるので給料アップやより条件のいい会社への転職が可能となります。

とはいえ本当は個人の経験が一番大事なのですが、資格で自分の能力をアピールできると信頼性が増しますので両方揃えたほうが強いです。

そこで今回は、忙しい社会人がどうやって資格に合格するか?その効率的な勉強法についてお話していきます。

スポンサーリンク

忙しい社会人のための戦略的資格勉強方法

社会人は忙しいです。

ですが、やりようによってはいくらでも勉強できる時間を確保することができます。

まず社会人で勉強を始める際やるべきことは、時間の使い方を見直すことが最重要です。

①使える時間を把握する
②学習計画を立てる
③効率よく頭に知識を入れる
④毎日勉強を継続させる

上記の通り行えば、おそらくどんな資格でも合格できます。

詳しく深堀りしていきます。

時間の使い方について

勉強時間は作るものですので、まずは自分の使える時間の棚卸をするべきです。

考えるべきは2点です。

①日々の行動を分単位で書き起こす
②空いている時間で勉強する

まずは現状の把握から行っていくと、空いている時間がどれくらいかわかります。

例えば僕の場合ですと、こんな感じになります。

6:50 起床
7:15 通勤(勉強)
8:40 出社
9:00 仕事開始
12:00 昼食(勉強)
13:00 仕事再開
17:00 退社(勉強)
18:50 帰宅
19:20 夕飯
20:30 風呂
21:00 寝かしつけ
22:00 勉強
24:00 就寝

通勤時間帯で3時間程度、昼食後の1時間、子供が寝た後に2時間で1日計6時間の勉強が可能ですね。

まあ、全部の時間を勉強でキッチリ使っていることは少ないですが、頑張ればこれだけの時間を勉強に充てることができます。

このようにまずは自分の使える時間を棚卸してみて、客観的に時間配分を検討してみてはどうでしょうか。

学習計画について

時間配分を考えたら、次に学習計画を立てていきましょう。

計画倒れになってしまうとそれはそれでよくないので、できる限り無理のない計画を立てることがポイントです。

このとき気を付けるべきこととしては、ゴールから逆算することです。

例えばある資格を合格したいとき、合格にはどんな知識が必要か?その知識を得られる参考書は何か?などを考える必要があります。

このとき使うのは、過去問をベースに戦略を組み立てていくことでして、過去問の問題を解けるように勉強していくことが大事です。

過去問から必要な参考書などがわかれば、どのくらいのペースで勉強するべきか計画を立てることができます。

まあ、中には過去問だけやり続ければ合格できるような資格試験もありますが、それが通用しない試験もあります。

ですので、一番いいのは過去問を軸に参考書や問題集なども併用して勉強していくことが大事ですね。

暗記のやり方について

参考書や問題集で勉強していく中で苦労するのは、なかなか知識が定着しないことだと思います。

いわゆる暗記についてですが、やり方は様々ありますが基本的に下記の方法を推奨しています。

①寝る前
②翌日
③週末
④月末
⑤テスト前

これは僕の復習するタイミングでして、想起学習といいますか思い出すことを重視した暗記方法です。

例えば、ある日勉強したとしてもその後20分でほとんど忘れてしまうのが人間ですが、途中で何度も思い出すことで徐々に記憶が定着していきます。

この図の通り、朝の時間帯に復習を必ずやるだけでもだいぶ違う結果を生みますので、ぜひやってみてくださいね。

習慣化について

最後に勉強の習慣付けについてですが、これは非常に難しいと思ってもらって結構です。

端的に言えば60日勉強を続けられれば習慣になりますが、そこまでいく前に止めてしまう人がほとんどです。

逆に言えば毎日の勉強習慣がつくと圧倒的に知識がつきますので、ぜひやっていただきたいところです。

続けるコツとしては、一言でいうと続けることになりますがこれは小さな階段を上っていくイメージを想像してください。

毎日10分でも過去問を解く、5分でも参考書に目を通すなどをやるといいです。

2時間勉強をやらなきゃ!といきこんで、結局数分もできなかった…となれば本末転倒、計画倒れになりますので少しでもやることが大事です。

完璧主義を捨てて、やる習慣をつけたほうが長い目でみてプラスになりますので意識してみるといいですよ。

スポンサーリンク

合格マインドを養成する方法

そうはいっても何だかダレて続かないんだよね…という人は多いと思います。

社会人といえど様々な方がいらっしゃいますし、モチベーションも長く続かないかもしれません。

そこで今度は合格するための考え方、つまり合格マインドをつける方法をいくつか紹介していきたいと思います。

合格者の話を聞く

狙っている資格を取得した人に話を聞いてみると、モチベーションが上がりオススメです。

もし近くにいなければ、資格を取得した人のブログやサイトなどを読むのも悪くはありませんね。

やはり資格を取得した人の苦労話や勉強方法などを知ると、学びが多いですから積極的に情報を取りにいってみましょう。

僕は大体情報収集がブログ記事からですので、狙う資格に合格した人を10人くらい厳選して情報得ています。

その際はほとんど参考書の紹介とかをしているので、そういったところや勉強戦略などを参考にさせていただいています。

昔に比べてこういった情報発信をしている人は増えていますので、ないだろと思いつつも探してみることをオススメします。

まあ、確実に正解だというのはあまりないかと思いますので、みんなのいいところだけを取り上げて自分の計画を作ることが大事ですね。

成功者の本を読む

これは一概に言えませんが、チャレンジして成功した話を書いている本などを読むことも、マインド醸成に効果的です。

最近読んでやる気になったのは以下の本です。

ブチ抜く力

マインドセット「やればできる! 」の研究

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

どれも似たようなことが書かれていますが、結論をいうと1点集中しろみたいなことが書かれています。

資格試験の勉強のときも同じだと思っていて、このときって色々なことを考えながら勉強をするので集中力が分散されるんですね。

そうすると、うまく勉強ができないとか効率が下がったりします。

ですので、できる限り集中して勉強するとか、メリハリをつけて勉強していく必要があると思います。

僕は仕事の他にも育児や家事の手伝いもありますから、できる限り家にいない時間帯に勉強を終わらせておかないといけないです。

なので、1つ終わらせて次へ次と進めていくことを意識し行動するよう努力しています。

スポンサーリンク

忙しい社会人のための戦略的勉強方法:まとめ

忙しい社会人が資格試験で合格するには、やみくもな勉強ではなくそれなりの正しい努力が必要です。

まず優先すべきは時間の使い方の見直しですが、時間を見直しても勉強を続けられるかどうかは本人次第です。

もしかしたら、勉強する人の本気度とかマインドの部分を修正することがもっとも重要なのかもしれませんね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました