電験3種の勉強に通信講座への入会は必要?厳選3社を例に説明します

電験試験対策
スポンサーリンク
ないお
ないお

電験を勉強するのに通信講座の入会は必要なのか?オススメの通信講座はないか?

こういった悩みにお答えします。

電験を取得するための勉強をする際、独学で頑張るかどこか学校や通信講座などに入会して教えてもらうか迷いますよね。

せっかく電験の勉強をするんだから落としたくない、合格を必ずつかみ取りたいという人も多いと思います。

僕も一時期通信講座を利用しましたが、やはり独学と違ってプロに教えられる分理解するスピードも速かったです。

ですが、ちょっと初期投資としては高額になる場合も多く、簡単には決められないですよね。

ということで、今回は数ある通信講座の中から厳選して3社をご紹介していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

電験3種の勉強に通信講座への入会は必要?厳選3社を例に説明します

電験3種の勉強には通信講座が必ず必要、というわけではありませんが確実に合格へ近づけてくれるのは間違いありません。

例えば、通信講座を利用するメリットはこんなものがあります。

①最短最速で合格できる方法を教えてもらえる
②出題される傾向を踏まえた内容を学べる
③全体のスケジュール感を管理してくれる
④わからないところは質問ができる

これらが自分でクリアできるのであれば、特にいらないのかもしれません。

結局勉強するのは自分自身ですが、その勉強以外の戦略をサポートする機能が通信講座にはあると思っています。

あとは、なかなか理解できないようなことも、教えるのがうまい人の講義を一目見ると一発で理解できる場合があります。

社会人で電気関係の仕事についていて、周りに電気のプロがゴロゴロいるような状況であれば、質問もしやすいかもしれません。

ですので、プロの知識を気軽に借りれるという考えると、ぜひ通信講座は利用するべきと思いますね。

SAT株式会社

SAT株式会社では、【第三種電気主任技術者合格講座】というものを販売しています。

第三種電気主任技術者合格講座

販売価格:108,800円

この通信講座の特徴は、ネットでいつでも学習ができるところです。

社会人のようなあまり勉強時間を取れないような人でも、隙間時間の勉強が捗るように工夫がされています。

中でも特徴的なのは独自の【e-ラーニング】システムがあるところです。

動画の視聴や問題解答もでき、隙間時間を活用した効率の高い勉強が可能となっています。

学習の進捗状況も一目でわかるので、遅れているか進んでいるのかについても把握できるようになっています。

具体的な進捗管理については、教育ルーティンの権威である原田さん監修の元、進捗管理を行っています。

もともとこの原田さんは、目標達成をさせる専門家として有名な人です。

おそらく勉強に真剣に取り組んでいるうちに、知らず知らず合格へたどり着くことになるでしょう。

また、ネット講義のみで学習すれば従来のDVD教材は必要なくなりますので、かさばらなくオススメです。

もし気に入らなければ、30日返金保証という制度も利用できますので、安心して購入できるのではないかと思います。

JTEX職業訓練法人

JTEX職業訓練法人では、【電験三種受験講座】というものを販売しています。

電験三種受験講座

販売価格:32,400円

この講座の特徴は、4科目すべて含む通信講座でありながら相当安いところですね。

安いからといって手抜き講座というわけでもなく、40年以上の販売実績もあり信頼度は高いです。

先ほどのSATとは違い、自分で勉強していく力が求められる通信講座ですので、自己管理ができる人でないと挫折してしまうかもしれません。

そして、講義DVDのようなものもなく、基本的にはテキストベースで学んでいく形になりますから理解できなくなると積む可能性もあります。

よって、自分で勉強していて少しサブ的な教材などで知識の底上げをしたい、という方にちょうどいいのではないでしょうか。

ちなみに学習サポートをしてくれるツールが教材に付属してきますが、これは弱点の補強などに役立つゲームのような内容となっています。

単語帳機能というものも搭載されており、最終確認などで重宝するのではないでしょうか。

株式会社ユーキャン

比較的通信講座で有名なユーキャンが提供しているのが、【電験三種合格指導講座】となります。

電験三種合格指導講座

販売価格:69,000円

ユーキャンの通信講座は、僕が20歳くらいの頃一度利用したことがあります。

でも、最後まで勉強できずお金を無駄にしてしまったんですよね。

ただ今ですと、WEB学習支援サービス「学びオンラインプラス」というものへアクセスできるようになります。

これは、動画解説やWEBテストなどがネットさえ使えれば、いつでも利用できるそうです。

テキストの内容としてはそれなりに難しく、一般的に販売されている参考書での勉強の方がわかりやすいかもしれません。

隙間時間の利用もなかなか難しく、基本的に腰を据えて勉強する人向けかと思います。

返品保障として、8日以内に返品すれば問答無用で返金されるようになっています。

いろいろ総合的に考えると、あまり選択肢としてはよくないなという印象ですので、もし選ばれる場合は覚悟しておくといいですね。

スポンサーリンク

具体的に通信講座をどうやって利用していくべきか

通信講座は、合格するために利用することが大前提です。

ですので、頑張って購入しても合格できない可能性があるようなつまらない通信講座は、選ばないようにすることが重要です。

有名でも内容がクソという場合も多いですので、まずは中身をよく確認し自分が求めるものと一致しているかを正確に判断していきましょう。

言われた通りのことをちゃんとやる

通信講座に入会したら意識しておくこととして、当たり前ですがちゃんと決められた通り勉強をすることが大切です。

というのも、中には高額の受講費用を支払って、それで満足して勉強しなくなってしまう人は意外と多いです。

僕も過去ユーキャンの通信講座を利用しましたが、やることが多すぎてテキストを見た瞬間やる気がなくなってしまいました。

確かにそれはそれで問題ですが、自分自身そこまで本気で取り組もうという意思がなかったように思います。

今持っている電験3種は結局独学で取得しましたが、いかに勉強の進め方が重要かを思い知らされました。

ですので、もし通信講座を利用することがあれば、まずちゃんと自分の意志で勉強していく決意を持つことが重要かと思います。

あくまでも副次的な利用にとどめる

通信講座に依存しすぎるのもよくないです。

たまにいるんですが、「これ受ければ合格できますよね!?」みたいなことは通常ありえません。

ですので、きちんと自分で勉強して合格するという強い意思を持ちましょう。

そりゃー受ければ絶対合格!というのは甘いです。

詐欺的な通信講座を開くような業者は、確実に言いそうなセリフですね。

なので、あくまで通信講座を利用してやるという気持ちで使っていきましょう。

それでも、カリキュラムを詳細に組み上げ合格まで誘導してくれるような優れた通信講座も中にはあります。

ですので、できるならそういった通信講座を利用するべきですね。

過去問傾向分析や模擬試験などは積極的に利用

過去問分析や模擬試験などを用意してくれるのは、割と嬉しいことではないかと思います。

過去問分析というのは意外と面倒でして、自分でやろうとするとそれだけで数週間くらいかかったりもします。

その点、有名な通信講座でしたらこれらすべてをカリキュラムの中に組み込んでいたりするので、勉強だけに集中できます。

ただ、それだけのために通信講座を利用するには残念ながら高すぎる印象ですので、基本的には自分で済ましたほうがいいかと。

最初からすべて勉強を通信講座でやる!というのであれば、これ以上ないほど効率のよい勉強ができると思います。

もし、これから始めるのであればぜひ検討してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

電験3種の勉強に通信講座への入会は必要?厳選3社を例に説明します:まとめ

通信講座は誰が見ても魅力的な講座のように見えますが、実際のところは体験してみないとわかりません。

やっぱり本当に自分にあっているかどうかというのは、前情報だけでは判断がつきません。

中にはどうしても合格したい!という気持ちにつけこんで、高額の受講料を払わせてしまう会社も存在します。

ですので、通信講座を選ぶときは十分騙されないように注意しつつ選ぶことが大切です。

今回紹介させていただいた会社は、比較的有名で詐欺的な話も聞きませんので安心して受講できると思います。

もし通信講座を検討しているのであれば参考にしてみてくださいね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました