電験取得後独立して自由に稼ぐために必要なこと

働き方
スポンサーリンク
ないお
ないお

電験を取得してから独立するにはどうしたらいいか知りたい。

こういった悩みにお答えします。
電験での独立を目指すのであれば、まずは実務経験をつけておくことが重要です。
ペーパー電験だと完全に初心者と見られますので、ある程度業務をこなせるようにしておいてください。
そして、具体的にどういった仕事ができるのか考えると以下の通りです。
①電気管理技術者
②電気資格取得支援
おそらく、この2つしかないかと思います。
電気工事士の資格があればもう少し幅が広がりますが、電気主任技術者だけだとこれぐらいです。
とはいえ、成功すれば年収1000万超えも夢ではありませんので、多くのプレッシャーはありますがオススメだと思います。
ということで、今回は電験取得後独立するためにはどうやっていけばいいか?についてお話ししていきます。
スポンサーリンク

電験取得後独立して自由に稼ぐために必要なこと

電験取得後独立したい!と考えた場合、まず必要なのは実務経験を積むことです。
実務の経験がなければ、まともに仕事を取ることも他社にアピールすることもできません。
そりゃ当然ですよね、独立すれば頼りになる上司や同僚などはいないですから、自分の実力のみで道を切り開く必要がありますし。
ということで、まずはどういったことをして事前準備をしていくか?について深掘りしていきます。

実務経験を効率よく積む方法

結論として電験取得後の実務経験は、電気保安法人などで積むといいですね。
電気保安法人は、電気管理者業務を組織的に行なっているため、実務の内容をそのまま独立したときに活かせます。
さらに担当していた顧客や、電気工事会社とのパイプも生きてくる場合があるので、これ以上ない修行環境ではないでしょうか。
電気保安法人は、多くが各地区の電力会社とのパイプや、今まで行ってきた点検作業の付き合いなどで仕事を取っています。
その中で、あなたじゃないと嫌だ!と思わせられるくらいに技術力やコミュニケーションを高め売り込んでおくことで、独立がしやすくなると思います。
そして、点検作業を通じて依頼する電気工事業者との付き合いも気をつけなければいけません。
電気設備の保安には、修理や交換作業が必ず必要になってきますので、信頼できる会社を見つけておくことが成功するためには必要ですね。

個人事業主になる方法

電気管理技術者や資格支援会社などを立ち上げるのであれば、きちんと最寄りの税務署で事業手続きをする必要があります。
基本的に電気管理技術者は、副業ではできないことになってますので、個人事業主としての手続きが必要です。
そして、税金の控除などもいろいろと有利になることがありますので、必ずやっておくべき。
個人事業主になってすることになる税金処理の方法は、確定申告にて行うことになり、下記の2点だけ覚えておけば大丈夫です。
①白色申告
②青色申告
僕も副業をする関係で確定申告などをしましたが、やってみると意外と簡単で拍子抜けでした。
やり方としては、どんな方法でもいいので日々の領収書を保存しておき、1月〜12月までまとめておきます。
その後、その次の年の4月までに税務署へ確定申告を行う、ということになります。
多くの経費を使用する場合は、控除額が大きい青色申告を特にオススメします。
今は色々と簡単に入力できるソフトなどがありますので、そういったものを利用して進めていくと簡単で時間もあまりかからなくていいですね。

独立後の仲間を作る方法

独立後は孤独に仕事をしていくことになりますので、電気管理協会などに加入し仲間を作っておくべきです。
最初は何もかもがわからないと思いますが、協会に所属することで高額な試験機の貸し借りや、点検応援などをしてくれたりします。
また、協力してくれる仲間がいると、自分が窮地に立ったとき積極的に助けてくれたりしてくれたりもします。
例えば、自分が受け持っている現場で急な事故が発生した際、不在でも代わりに対応してくれるような体制を構築しておくと、非常に助かります。
ちなみに仲間の作り方としては、一番いいのは自分から色んな現場に応援しに行き信頼を構築することです。
ですので、ある程度は無償で助けにいくくらいのことを何度も積み重ねていく必要があります。
それで信頼を得て、お互いに助け合いながら点検作業を進められるように最初は努力するべきかと思います。
スポンサーリンク

安定して仕事を取り続けるためには

安定して仕事を取り続けるためには、集客に関する知識をきちんと得ておくことが大事です。
実務ができるようになっても、延々と稼ぎ続けることができないと食べることができなくなります。
集客が自在にできるのであれば、仕事を取ることもそうですが、優秀な人を雇い入れるなどのいい人脈も作りやすくなります。
これは事業をする限り絶対になくならないことであるので、しっかりと学んでおく必要があると思います。

優良顧客を取る方法

優良顧客を取る方法として1番確実なのは、知り合いから現場を引き継いだときです。
実際に点検をしていた人からいろいろ聞けるわけですから、優良顧客かどうかはすぐにわかりますよね。
また、紹介であればお互いに信頼感が生まれていますので、特に問題なく引き継ぎなどもできると思います。
一方0から顧客を取る場合は、かなり積極的に営業しに行かないと正直厳しいです。
ですのでもし時間的に余裕があるなら、サラリーマンとして電気管理者をやりつつ、顧客との信頼関係を深めていくべき。
その後、安定してきたら個人で仕事を受けられるよう行動していく、などといった対策をするといいと思います。

ネットを使った集客について

直接的な集客だけでなく、ネットを使った集客などもできるようになるといいです。
ネットを使うと際限なく情報が拡散されていくので、うまくいけばあっという間に有名になれたりします。
オススメは点検の報告や点検のコツ、使用工具など現場知識として実際に使える知識を地道に発信していくといいです。
ただしあくまでも趣味としてやらないと副業扱いになってしまって問題になります。
まあ法改正により、副業OKにそのうちなりそうですが、今のところそういった頭で考えておくといいですね。

技術を磨き続ける

最後に、独立成功には常に学習し続けるということが必須で、これこそが独立して成功し続けるコツになります。
一言でいうと、勉強をしよう!ということですね。
やはり技術は進歩しますので、いつまでも古いやり方に固執しているととあっという間に時代に取り残されてしまい、ダメになってしまいます。
設備のシステムが変わったりすると、これまでの当たり前が通用しなくなったりということもよくあります。
ですので、常に学びつつ時代の先端を行くよう行動し続け、できる限り正しい情報を元にどういったことをするべきか考え、進んでいくことが大事ですね。
スポンサーリンク

電験取得後独立して自由に稼ぐために必要なこと:まとめ

電気管理技術者の場合、電験取得後すぐに独立するのは早いので、まずは修行期間を作ることが大事だと思います。
逆に実務経験だけは充分ある!という人は、さっさと動いていくことをオススメします。
ただし、資格取得の支援とかであればこの限りではありません。
こちらだと副業として取り組んでいけますし、軌道に乗ったら独立することも可能です。
ぜひ今回の記事を参考に、独立成功するのを願っています。
ここまでお読みいただき、ありがとうございますした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました