電験3種を0から合格するために必要な受験対策について

電験試験対策
スポンサーリンク
ないお
ないお

電験3種を初心者でも合格ができるようにする方法を知りたい。

こういった悩みにお答えします。

まったくの0から電験3種合格は可能か?というと、頑張り次第ですがyesと言えます。

この電験という試験は、工業高校電気科卒でも合格が難しいと言われている試験ですが、戦略を間違わなければ誰でも受かる試験でもあります。

というのも、電験を受験している人達はそこまで対策をきちんと考え勉強をしていないからです。

そこで今回は、電験3種にフォーカスを当ててどうやって合格するかという部分について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

電験3種を0から合格するために必要な受験対策について

電験3種に効率よく合格するためには、戦略をきちんと立てることが大事です。

戦略を立てないと、もしかしたら検討違いの勉強をしてしまい、時間を無駄にしてしまう可能性が考えられます。

まず必要なこととしては、下記の通りです。

①自分の計算力を把握する
②自分の電気知識はどれくらいか把握する
③実際に過去問はどれくらい解けるのか把握する

ということで、要は自分は今どれくらいできて、どれくらい勉強する必要があるのか確認する必要があります。

その部分を含めつつ、お話ししていこうと思います。

合格までの計画を立てる方法

計画を立てるためには、まず過去問を解いてから計画を立てることをオススメします。

理由としては、自分が今どれくらいできるのか確認するためです。

過去問はネットで誰でも確認できるようになってしますので、とりあえず目を通して自分がわかるかどうか確認してみてください。

その上で、これができないとかあれはできたとか出てくると思いますので、そこら辺をまとめて参考書などで学習していく形になります。

例えば電力の論説問題はある程度解けたけど計算問題がわからなかった、という場合においては電気設備の知識は充分にあるかもしれません。

ですので、電力で使用する公式や解法などを勉強していき、電気設備に関しては目を通すくらいにするといいかもしれません。

または、機械のケースでいうと電動機や発電機関係は完璧だけど、他の部分がわからない場合は、そこだけ学習すればいいと思います。

結局、勉強とはわからない部分をわかるようにしていくことです。

ですので、わかる部分を探してわからないところだけ学習していくスタイルが一番効率的です。

そして、わからない部分を見つけたらじっくりと勉強計画を立てていき、その通りに学習していければ必ず合格にたどり着けると思います。

モチベーションを維持する方法

勉強計画を立てるとわかりますが、電験の試験対策は長期に渡りモチベーションを維持するのが難しいです。

電験は試験範囲も広く、一般的には難しい試験ですから、途中で止めたくなったりということが頻繁に起こります。

そんなときモチベーションをうまく維持する方法として、以下をご紹介します。

①取得後の夢を想像する
②毎日30秒でいいから勉強する
③息抜きを適度に行う

上記の通りです。

ではこちらを深堀して説明します。

取得後の夢を想像する

まずはこういった資格を取った後どうなるのか想像することで、やる気が出るかと思います。

具体的には、出世するだとか給料が上がるだとか、転職で優遇されるとかそういった人生にプラスになることを想像してみましょう。

実際には資格を取っただけではすぐに人生が好転するわけではありませんが、きっかけ作りには必要になります。

ですので、こういった想像をしつつ勉強に励むと苦も無く進められると思います。

毎日30秒でいいから勉強する

30秒の勉強ですが、これは勉強を始める瞬間が一番腰が重くなるため、30秒だけでいいので勉強してみるということが大事です。

勉強とは意外と苦痛を伴うもので、最初はやりたくないなーという気持ちが強いかと思います。

ですので、とりあえず30秒やってみて考えるということです。

意外とやり始めれば続けられたりするので、結構オススメですからぜひやってみてくださいね。

息抜きを適度に行う

ガンガン勉強をやっていると、そのうちきつくなってくるので適度に息抜きを行うことをオススメします。

内容については様々ですが、一番大事なのは自分がやりたい!と思うことをやることです。

ということで、息抜きについては過去記事があるので、こちらを参照していただければと思います。

資格勉強の息抜き方法!したほうがいいか実体験をもとにお話しします
ないお 資格勉強の途中で息抜きをすることは甘え?ずっと勉強してるの辛いんだけど。 こういった悩みにお答えします。 資格勉強を毎日続けるのは大変ですよね。 例え習慣づけたとしても、なんだかん...

正しく暗記する方法

勉強を進めてわかるようにする際に必ず必要となってくるのが、暗記です。

暗記ができないと、公式も覚えられませんし電気設備の概要も覚えられませんから、確実にものにしたい技術ですよね。

この暗記の方法については様々な本が出版されていますが、結論としては以下の方法が適していると考えています。

①寝る前
②翌日の朝
③週末
④月末
⑤テスト前

以上のタイミングを意識しながら復習を繰り返すといいです。

詳しくは過去記事に具体的な方法を含めまとめてあるので、こちらを参照してみてください。

エビングハウスの忘却曲線から考えた最適な復習方法について
ないお 勉強をする上での暗記のコツや復習のタイミングが知りたい。 こういった悩みにお答えします。 どれだけ勉強をしてもなかなか覚えられない!という人は多いと思いますが、記憶のメカニズムについて理...
スポンサーリンク

電験3種合格に必要な参考書まとめ

電験3種合格に必要な参考書については、それぞれの科目に適合した参考書を選ぶべきと考えています。

どういうことか?というと、合格するために一番適している参考書を選ぶということです。

例えば法規は年ごとに法改正などがありますので、正直過去問での学習に専念しておいたほうが、最大効率で試験に挑めると考えています。

このようにそれぞれの科目に合致した戦略を考えつつ、参考書を選んでいくといいと思います。

計算力を上げる

まずは電験合格に必要な計算力をつけるためには、こちらがオススメです。

電験3種書き込み式計算ドリル

その名の通り、計算をひたすら解く練習ができる問題集となっております。

計算は、たくさんの計算問題を解いていかないと体に染み込みませんので、こういったもので叩き込むことをオススメします。

やっていくうちに九九の計算が怪しかったり、単純な足し算や引き算が怪しい場合は百マス計算などがいいです。


ちびむすドリル様

これらをまずは学習し、基礎的な計算力をつけておくことをオススメします。

電気の理論と設備構造を学ぶ

計算力がついたらいよいよ電験の対策に入っていきます。

過去問で先にどれくらい自分ができないか確認する必要がありますが、ある程度これでいけると思われるものを羅列させていただきますね。


電験三種 やさしく学ぶ理論(改訂2版)

電験3種合格には、とにかく理論の理解が必要です。

こちらの参考書では、初心者でもわかりやすくかつ電験合格レベルの理論を学ぶためのちょうどいい内容について学ぶことができます。

イメージ的には簡単すぎず、難しすぎないといったところでしょうか。

ですので、こちらの参考書をマスターしておけば理論の合格は可能かと思います。

みんなが欲しかった! 電験三種 機械の教科書&問題集 (みんなが欲しかった! シリーズ)

電験の機械科目は、理論を学んだうえで機器の構成などを理解する必要があります。

こちらの参考書では、全編カラーでとてもわかりやすく機器構成などが記載されております。

機械科目は特に具体的な原理原則を理解しておく必要がある科目ですので、この参考書を全て理解することができれば充分合格は可能になるかと思います。


みんなが欲しかった! 電験三種 電力の教科書&問題集 (みんなが欲しかった! シリーズ)

電力科目についても、機器構成を問われる問題が多く出題されるため、わかりやすさを重視した参考書を選ぶ必要があります。

計算問題についてもある程度出題されますが、問題の性質的にもイメージが重要です。

ですので、この参考書の内容をしっかり身につけることで、合格に充分な知識を身につけることができるかと思います。

法規を学ぶ

法規については参考書をメインとした学習より、過去問中心の学習に専念したほうが効率がいいと考えています。

まあ、勉強しているうちに法改正されるとなんともいえないので、傾向を把握して実際の問題を解いておいたほうがいいです。

ということでオススメはこちらの過去問集です。


法規の15年間 2019年版 (電験3種過去問マスタ)

こちらの過去問集は法規だけの問題が15年分掲載されていますので、集中して勉強に取り組めます。

さらに単元別に分かれていますので、類似問題をまとめて学習することができ、非常に効率のいい勉強ができると思います。

スポンサーリンク

電験3種を0から合格するために必要な受験対策について:まとめ

電験3種を初心者から合格を目指すためには、やはり戦略の立て方が一番大事です。

初心者といっても、色んな初心者がいますからまず自分の現在の力量を把握してから計画を立てるのがいいと思います。

その上で必要な参考書は自ずと見えてきますので、じっくりと選んで勉強を開始していければいいですね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました