資格勉強と仕事をうまく両立してどちらも成功させる方法

資格試験全般
スポンサーリンク
でんます
でんます

こんにちは!電気資格コンサルタントのでんますです!

ないお
ないお

資格勉強と仕事を両立するためにはどうしたらいいか知りたい。

今回は、こういった悩みにお答えします。

資格勉強と仕事の2つを両立するのって、なかなか難しいですよね。

独身で仕事だけ忙しいのであればまだいいですが、家族がいたり子供がいたり、親を介護していたりなどあるとかなり難しいと思います。

なので、少しでも時間さえあれば…とか、効率的な方法があるかもしれないとか誰もが思うかもしれません。

ですが、意外とそういうのはなくて、結局自分の意識の問題かと思います。

ということで、今回は勉強と仕事を両立させるためにどうしたらいいのかについてお話していきます。

スポンサーリンク

資格勉強と仕事をうまく両立してどちらも成功させる方法

資格勉強と仕事の両立を考えると、まずは時間の取り扱い方を学ぶべきです。

タイムマネジメント能力ともいいますでしょうか、これを扱えないとただ無駄な時間を過ごす可能性があります。

そして2つとも成功を狙う場合は、できる限り時間という資源を集中投下する必要もあります。

よって、以下の3点を重視して行動をするといいです。

①時間の有効活用
②適切な計画立案
③本業に繋がる学習を優先する

上記の通りです。

もし勉強するなら、少ない時間でもっとも効果的な無駄のない行動をしたいと考えるはずですので、そういったことを意識しながら学習してください。

時間を有効に活用する

結果を出す行動には、時間を有効的に活用することが必要不可欠です。

時間を有効に活用できれば、あらゆる面での時間の捻出が可能となるからです。

ということで、まず時間に対する考え方を変えるために以下の書籍を読むことをオススメします。


エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

こちらの内容は、【いかにやるべきことだけをやるか】について全編に渡り説明しています。

つまり選択と集中ですね。

合わせて理解しておいて欲しい考え方として、【新規1つと継続1つの原則】というものがあります。

これもいうなれば選択と集中についての理論ですが、要するに新しく始めたいことは常に1つだけにしましょうという内容です。

そして、これらの考え方を頭に入れると、時間の使い方がかなりうまくなるはずです。

例えば2人の人を例にして少し説明してみたいと思います。

Aさん(独身)
趣味や遊びの時間
ゲーム:3時間
ネット:2時間
アニメ:2時間
勉強の時間
無し

新しく資格勉強を始めようと思うが時間がない、常にいろんなことをやっている気がして、勉強を優先できないと考えている。

Bさん(既婚)
趣味や遊びの時間
ネット:2時間
アニメ:2時間
勉強の時間
資格:2時間

現在仕事の合間に資格勉強をしているが伸び悩んでいるので、もう少し趣味の時間を減らして勉強に集中しようかと考えている。

例えば上記のような状況を考えてみます。

Aさんは色んな趣味を持っていて、時間がないと感じています。

実は趣味を削れば時間を作ることができるのですが、Aさんは資格勉強を第一優先として考えないので、削るという選択肢が出ません。

そして、新規と継続の理論に合わせると下記の通りです。

①新規
資格勉強 

②継続
ゲーム
ネット
アニメ

これは継続が多すぎますので、確かに時間が取れず破綻する可能性が高いですね。

また、継続してきた行動のほうが勉強初期の頃は優先されてしまうので、なかなか勉強が捗らないかもしれません。

ですので、最初にゲームとネットを削り新規1つ継続1つとすればよく、Aさんはその決断をする必要があります。

続いてBさんの場合ですが、すでに資格勉強をしていて合間にネットとアニメを趣味として行っていた、ということになります。

よって、状況は以下の通りです。

①新規
なし 

②継続
ネット
アニメ
資格勉強

とすれば、ネットとアニメを両方消すことが一番効率がいいやり方かと思います。

新規がないので、もしかしたら相当余裕をもって学習できるはずです。

具体的にいうと、ネットの2時間とアニメの2時間の計4時間を勉強時間にプラスできれば、圧倒的結果が出ることは間違いないでしょう。

このように、まずは自分の取り組んでいることについて俯瞰し、時間配分を変えることが必要かと思います。

合格までの計画を立て実行する

時間配分の決め方の他に、勉強計画の立案についてもしっかり行う必要があります。

計画を立てない勉強は、いずれ行き詰ることがあるかもしれませんので、できる限り始める前くらいに計画をしておくようにしましょう。

計画の立て方については人それぞれ違うかもしれませんが、基本的には【ゴールから逆算して考えること】が重要です。

例えば、1年後にこの資格を取得したいと考えた場合、どれくらいの勉強量で合格が可能かを計算します。

1年きっかりかかるならそのような計画を立てて、半年とかあまり時間がかからないならゆっくり目で勉強ができますから、状況に応じて変化させましょう。

そして理解が出来なかったり、思ったより問題が難しくて習得できないといったことがあると、計画がどんどん伸びていってしまいます。

そういった場合は、無理せずにできるようになるまで時間を気にせずやることが大事で、ときには来年に持ち越すということも考えるべきです。

それをある程度最初に検討するのがまさに勉強計画であり、自分の勉強で使う羅針盤みたいなものになると思います。

得意分野を伸ばす

仕事に繋がる勉強と考えると、やはり得意分野を伸ばすような資格試験を受験していけばいいと思います。

不得意の分野を伸ばしたところで、平均的でつまらない能力が付くだけですので、得意分野をぶち抜いたほうがプラスになります。

例えば電気の専門家として働いているのであれば、さらに詳しい知識などを習得する必要がありますから、資格試験を通じて伸ばしていくといいですね。

世の中にはいろんな資格があって、中にはよくわからないものもあり迷いますが、基本的に仕事でプラスになるものを選んでいけば間違いないと思います。

スポンサーリンク

電気関係の資格を取得する場合のオススメ資格を紹介します

一応電気資格のブログですので、数ある資格の中からオススメの資格をご紹介したいと思います。

今回は以下の3点を厳選してご紹介したいと思います。

①電気工事士
②電気施工管理技士
③電気主任技術者

それでは、説明していきますね。

電気工事のプロになりたい場合

一般的な電気工事を行う仕事に就きたい場合には、電気工事士の資格取得をオススメします。


電気技術者試験センター公式サイトより転載

基本的には、この資格がないと電気工事はしていけないことになっていますので、工事会社などに就職する際も充分役に立ってくれる資格です。

試験は年2回実施されており、ペーパーテストと実技試験とで分かれています。

難易度的には中学生の数学レベルの知識さえあれば、あとは電気数学の知識を入れていけばクリアできる程度の試験です。

電気の入門的な試験でもあるので、もし電気分野に足を踏み入れたいと考えるなら取得を考えてみてもいいのではないでしょうか。

工事の監督として大きい建物を施工したい場合

大きい工事現場の現場監督になるためには、電気施工管理技士の資格が必要です。


施工管理技術検定公式サイトより転載

受験は年1回、筆記合格で実地試験に進むことができます。

大きい建設現場では、電気工事士が多くいてもそれを束ねる人間が必要になってきます。

これは受注金額によって変わってきて、大きい現場などのよりお金のかかる現場だと上限のない1級施工管理技士が必要となってきます。

電気事業法ではなく、どちらかというと建築基準法に多く関わってくるので、同業者意外とのやりとりがあり大変な仕事かと思います。

とはいえ、建物が工事後に残るので家族などに自慢できたりもします。

ですので、名を残せるといった意味で考えれば、すごくやりがいがある仕事ができるようになるのではないでしょうか。

有名な施設で電気の保安管理をしたい場合

電気の保安管理を行う仕事に就きたい場合には、電気主任技術者の資格を取得する必要があります。


電気技術者試験センター公式サイトより転載

受験科目は4科目、年1回の試験になります。

電気主任技術者は、電圧規模によって管理できる範囲が変わります。

一番上の1種では、日本の全ての建物や工場、発電所などを管理できるようになりますが、その試験の難しさは司法試験なみと言われています。

今回ご紹介させていただいた資格の中では、一番専門性が高く希少性も高い資格になってますので、転職や就職などでも大いに役立つ資格ですね。

スポンサーリンク

資格勉強と仕事をうまく両立してどちらも成功させる方法:まとめ

結論として資格勉強と仕事を両立するためには、明確な目的意識を持つことが重要ではないかと思います。

ただ何となく資格勉強を始めるよりは、取らないと死ぬ!くらいの覚悟をもってやったほうが確実に結果が出ます。

そして、世の中の人間は得てして無駄ことを多くやってしまい、結果的に時間を失っていたりするものです。

例えば、ご褒美的な形でゲームをするとかならいいですが、日常的にゲームをするようでしたらその習慣をやめるべき。

そうすると、より多くの時間を勉強に費やすことができるので、意外と簡単に成果が出ると思いますよ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました