2019年電験3種電力の直前試験対策!【過去問分析編】

電験試験対策
スポンサーリンク
でんます
でんます

こんにちは!電気資格コンサルタントのでんますです!

ないお
ないお

電験3種の電力について、試験日前の確認事項などまとめて情報が知りたい。

今回はこういった悩みにお答えしていきます。

すでに同様の記事を2つあげておりますが、今回は電力ということでお話ししていこうと思います。

電力は、電気設備の具体的な運用方法が問われる試験でして、機械科目の理解をしておくと勉強が簡単になります。

当然理論科目についても理解しておく必要がありますが、機械と比べ計算問題が少ない傾向があるので、そこら辺を意識しつつ勉強していきましょう。

ということで、電力科目の過去問分析を始めていきます。

スポンサーリンク

2019年電験3種電力の直前試験対策!【過去問分析編】

電力科目は計算問題比率が若干少なく、論説問題が多い印象です。

論説問題が多いということは、具体的な仕組みを理解してすぐに答えられるよう暗記が必要ということになります。

おそらくまったく知らない内容が出てきてしまうと、安心して答えられませんので、まずは周辺知識を身につけていくことが大事です。

また、もし現場での仕事を経験していた場合は相当有利になりますので、参考書を読みながら確認をしてみるといいですね。

電験3種電力の傾向分析

電力科目の過去問分析のために、まず問題の種類を分別していきます。

僕の方である程度まとめましたので、参考にしてみてください。

①汽力発電
②水力発電
③原子力発電
④その他の発電
⑤変電
⑥配電
⑦送電
⑧地中送電
⑨電気材料

主だったものとしては9単元になりました。

理論は8単元、機械は11単元でしたので、一番バランスが取れているかもしれません。

上記を参考にしつつ、2013年度までの出題比率を計算結果が下記の通りです。

①汽力発電⇒14%
②水力発電⇒9%
③原子力発電⇒6%
④その他の発電⇒7%
⑤変電⇒11%
⑥配電⇒19%
⑦送電⇒20%
⑧地中送電⇒9%
⑨電気材料⇒6%

以上となります。

総じて毎年出題されますが、特に力を入れるべきは送電と配電になってくることがわかります。

この2つで約40%くらいをカバーしますので、他に出題傾向が高い単元を固めれば合格可能だと思います。

よって、以下の内容を優先して勉強するといいです。

①汽力発電
②水力発電
③変電
④配電
⑤送電

これで余裕があれば、地中送電の単元を勉強しておくとより確実かと思います。

強化するべき単元について

強化すべき単元としては上記の通りですが、さらに深堀して説明していきます。

電力科目では、一定の公式やパターンがある程度決まっていますので、そこを暗記していくと問題は解けるようになります。

このパターンをつかむためには、問題の一つ一つを分解して何の知識が必要なのか?というのを考える必要があります。

例えば水力発電の問題をまんべんなく解くために必要な知識は何か考えてみます。

①水車の比速度計算
②水車の種類
③水車の特性
④水力発電所の種類
⑤ダムの種類
⑥発電機効率
⑦水車効率
⑧発電機出力
⑨有効貯水量
⑩水車のキャビテーションについて

上記の通りです。

4~5年程度の傾向分析なので完全ではないかもしれませんが、水力発電の問題に関しては大体こういったものが出題されると考えられます。

こういったように、一つの単元の問題を細分化させて本質的に必要な知識は何か考え、勉強していくとどんな問題でも対処できるようになります。

そしてこれこそが基礎を固めるということであり、確実に本番の問題でも対処できるようになるはずです。

捨ててもいい単元について

勉強する時間が足りない場合、最低限科目合格するためには勉強量を減らしつつ、合格の可能性があるところに集中投下するべきです。

よって、こういった場合においては複数の勉強しない単元を決める必要が出てきます。

ですので、上述した勉強すべき単元意外は、もうまったく見向きもしないで勉強することをオススメします。

ただ自分が現場経験があり、ちょっと勉強すればいけるような単元がある場合はそちらも勉強しておくといいですね。

やはり実践経験に勝る勉強方法はありませんし、電力科目については特に顕著に表れるので大いに活用していくべき。

例えば送電線のコントロールセンターなどで働いている場合、相当役に立つ知識があるはずですので、送電の単元が簡単になる可能性が高いです。

ということで、出題傾向と合わせて自分の知識量を考えつつ、勉強戦略を考えていくことが重要といえます。

スポンサーリンク

勉強効率を最大化する方法

理論と機械科目でもすでにお話ししておりますが、今回は電力科目の勉強効率を上げる方法となります。

電力科目においては周辺知識を固めて、類題を多く解けるようにすることが大切です。

要するに暗記しよう!ということですが、まあ計算問題もある程度入ってくるので注意しつつ対策を検討していきましょう。

とはいえ、一定のパターンが繰り返されている傾向が強いので、基本問題の理解と過去問周回を暗記すれば突破できるかと思います。

単元は1個に絞る

電力科目についても、勉強時は1つの単元に絞り勉強を進めていくと効率がいいです。

逆に複数の単元を並行して勉強していくと、どんどん内容を忘れていってしまうので注意です。

そこで、オススメのやり方としては下記の通りです。

①過去問より必要な知識を細分化する
②参考書で必要な知識を学習する
③例題や応用問題などで知識を定着する
④過去問でさらに演習する
⑤わからないところは再度参考書で学習する
⑥8割以上理解できたら次の単元へ

上記の通り。

つまり、各単元は完全に習得するまで次に進まないようにすることが、非常に大事ということになります。

普通の参考書は例題1~3からの練習問題みたいな構成になっていますが、そこに過去問や問題集を混ぜていくと特に効果的だと思います。

解法パターンを頭に叩き込む

参考書の例題だけですと、問題演習量が足りなくなってしまうので、別途問題集などを利用するのが効果的です。

電験2種などのより難しい試験になると、めっきり問題集は減りますが3種についてはこちらの本が比較的オススメかと思います。


電験三種 徹底演習 電力

もしくはこちらです。


電験三種演習問題集電力―絵とき解説

こういった問題集などでアウトプットを重視した勉強をしておくことで、応用問題への対処が可能となります。

結局、実際の試験問題は過去問と同じ問題は出ませんので、ちゃんと解けるようにしておくためにも多くの出題パターンを把握しておくことが大切です。

過去問は最後に取り組む

実力がついてないうちは、過去問による本格的な勉強は控えるべきだと思います。

過去問優先の勉強だと、出題パターンは身に付きますがパターン外の問題が出たときに対処できなくなるからです。

ですので、先ほども書きましたが下記の通りとなります。

①過去問より必要な知識を細分化する
②参考書で必要な知識を学習する
③例題や応用問題などで知識を定着する
④過去問でさらに演習する
⑤わからないところは再度参考書で学習する
⑥8割以上理解できたら次の単元へ

過去問重視の勉強をして3年くらい無駄にしてしまった僕としては、やり方として間違っていると言わざる負えないです。

むしろ基礎をしっかり学んでおくと、よくみるとめちゃくちゃ簡単な問題だった…ということがよくあります。

ですので、しっかり実力をつけてから過去問周回をするようにしましょう。

スポンサーリンク

2019年電験3種電力の直前試験対策!【過去問分析編】:まとめ

以上、電力科目の試験対策として過去問分析及び、出題パターンの習得方法を書かせていただきました。

結論として、電力は暗記が8割で覚えれば受かると思っています。

ですので、まずは基礎知識をつけ過去問で類題やパターンを把握し、問題集で実力をつけてから過去問演習5周くらいすれば合格可能です。

正直言って最初の理論さえできていれば計算は問題ないので、あとはどう計算するのかという部分、つまり公式を覚えて使えるようにするだけです。

特に論説問題はよく理解しておくことが大事ですので、しっかり暗記に取り組んでみてくださいね!

ちなみに過去記事の【エビングハウスの忘却曲線から考えた最適な復習方法について】に暗記について詳細が書かれていますので、参考にしてみてください。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました