【資格勉強】勉強に対するやる気を取り戻すための話

資格試験全般
スポンサーリンク
でんます
でんます

こんにちは!電気資格コンサルタントのでんますです!

ないお
ないお

勉強のやる気が出ない!どうしてもしたくない!もうヤバい!どうすればいいの!?

今回はこういった悩みにお答えします。

勉強に対するやる気もそうですが、ありとあらゆるものに対するやる気というのは存在しません。

正確にいえば外部から受けて上がるものではなく、自分の中から出していくものです。

これはやっているうちにだんだんと調子が出てくることが多いので、僕としては30秒だけやってみるということをオススメしています。

なので、勉強に限らずやる気を出すためにはちょっとでもやるというのが大事です。

とはいえそれだと話が終わってしまうので、細かいマインドを叩きなおすという意味で今回の記事を書かせていただきます。

スポンサーリンク

【資格勉強】勉強に対するやる気を取り戻すための話

勉強をやる理由はなんでしょうか?

単純に給料を上げることでしょうか?それとも出世に必要なのでしょうか?

始まりは、おそらく人間の根源的欲求に基づく目標を作り、それを目指して勉強を始めたと思います。

例えば、年収を100万上げる転職をしたいとか、いい会社に勤めて社会的信用を得るとか、クソみたいな人間関係をどうにかするとかですね。

これら全ては、勉強すれば変えられると本気で思っています。

何故かというと、僕自身自分の力で変えてきたからです。

年収を100万上げるために勉強する

ここからはちょっとした昔話ですので、必要がなければざっと読む程度でよろしいかと思います。

僕は最初底辺の電気工事士でした。

手取りは約16万、ボーナスはなかったので年収的には200万ちょいです。

あまりにも少ない給料に絶望しました。

高卒とは、こんなにもゴミみたいな給料しかもらえないのかと思いました。

同期に大学卒業した人もいましたが、その人は20万くらいでした。

学力で給料は変わるとわかった瞬間でした。

その後、資格を取るとくいっぱぐれはないという話を聞き、勉強をしてみることにしました。

幸い2種の電気工事士は高校時代に取得していたので、1種の勉強をしました。

勉強して、合格をすることができました。

その後5年経過し免状取得手続きをして転職をしました。

給料は26万になり、最初の年収200万から年収300万へアップしました。

このように、資格1つでも評価されたり条件が上がったりということがあるかもなので、ぜひ気合を入れて勉強に取り組んでほしいです。

社会的信用を上げるために勉強する

昔、僕は上がった年収に満足してしまい、電験の通信講座に無計画で10万くらい払って申し込んだものの、やる気が完全になくなりました。

やはり、一度満たされると何もやる気は起きませんでした。

とはいえ、給料は上がったけど勤務環境が完全なるブラックだったため、再度転職を考えました。

ただ、転職活動をする余裕はなくとりあえず退職をする選択をすることになりました。

辞めて、パチスロで生計を立てながら考えました。

「どうやったら、底辺から脱出してそれなりの生活を送れるようになるのか」

悩みました。

ブランクがあったのでとりあえず入社して給料もらいながら考えようと思い、ビル管理会社を選びました。

結果的に、この選択がいい方向へ向かってくれたのでよかったです。

最終的に、ビルメン偏差値70代の企業へステップアップ転職をすることができました。

話が長くなりそうなので割愛しますが、やったことは『ひたすら勉強をした』以外にありません。

なので、誰でもできます。

勉強習慣が付くことのメリット

勉強の最大のメリットは、他人の経験を自分に取り入れることで、経験を上積みしていけることです。

人は基本的に自分一人の経験しか積めませんが、知識として他人の経験を自分に取り入れることで経験値が2倍になると思ってます。

そしてできる限り勉強を継続的に行っていくと、習慣として負荷なくやれるようになってきます。

やはり、何事も最初が一番負荷がかかってしまいます。

さらに、習慣化するには2か月程度の時間も必要ですので、なかなか簡単には勉強習慣は付きません。

ですので、とりあえずやってみるということを重視しつつ勉強を継続出来ていければ、素晴らしい習慣づけができるのではないかと思います。

スポンサーリンク

サボりそうになったらどうするか

とはいえ、勉強してると頻繁にサボりそうになるんです!という方、確かにそれはわかります。

僕も相当なサボり癖がありますが、一度ノッてしまえば延々と続けられることもあり、結局気の持ちようなんじゃないかと思います。

ですが、一種のフロー状態というものですがそこまでいくのが大変です。

30秒でもとりあえずやる

大変といいつつオススメなのは30秒勉強法です。

これは勉強へのハードルを低くすることで、習慣化重視の勉強をしやすくさせます。

特に習慣化とは数か月かかるものですので、最初の数か月をハードルが低いものにして続けることを重視していきます。

そうすると、わかるようになってきた辺りから楽しくなってきて、勉強が苦ではなくなる…という寸法です。

30秒だとさすがに時間がない!という言い訳もいうことができませんので、やるしかない状態になり非常にオススメですね。

やれたらご褒美

こんなに頑張ってもなにも楽しみがなくなると、やる気は一気に失われてしまいます。

ですので、定期的に頑張ったご褒美を用意するといいでしょう。

例えば勉強を30秒やろうとしたのに、気づいたら2時間くらいやってしまったなど、褒めるべきポイントはたくさんあります。

そういったときに、要所要所でご褒美を設定していくと非常に勉強が捗る効果があります。

勉強終わった後は好きな映画を見ていい!だとか、ゲームをやってもいい!だとかやはりノルマに対して何かあるとモチベーションが違います。

ぜひ、何かご褒美を設定して勉強をしてみると、その効果に驚きますのでやってみてくださいね。

宣言する

他人に勉強をすることを宣言するのも意外と効果的かと思います。

オススメはツイッターなどのSNSサービス上で宣言することですね。

自分への縛りプレイとして非常にオススメですので、やってみるといいですよ!

確かにちょっと恥ずかしいかもしれませんが、ただ誰にも言わず淡々とやっていくと孤独感に襲われ、勉強が手につかなくなるかもしれません。

ですので、そういったときに支えてくれるような、同じ境遇の受験者さんの話を聞くのも悪くはありません。

僕もいくつかアカウントをフォローさせていただいてますが、かなり役立つことや元気になることが呟かれているので非常に助かっています。

と、話が逸れましたがこういったSNS上で宣言をするのは、自分を追い込むという意味で非常に効果的ですので、ぜひやってみてくださいね!

スポンサーリンク

【資格勉強】勉強に対するやる気を取り戻すための話:まとめ

やる気を取り戻す話としては以上となりますが、今後も何か追加したいことがあれば随時入れていきます。

ですので、もし落ち込んだりしたらこちらの記事を思い出していただければ幸いです。

あと、勉強は人生を変えると思って生きていますが、結構僕でもやめたくなるときやしんどいときがいっぱいあります。

そういうとき、やっぱりすぐに諦めるという選択肢が顔を出しますが、人生を変えていく覚悟を思い出して踏ん張っています。

こういった強い動機付けも効果的だったりしますので、勉強時のメンタルがやられたときは一度考えてみるといいですね!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました