【質問解答コーナー】会社が電験取得に全面協力してきたらどうする

質問回答
スポンサーリンク
でんます
でんます

こんにちは!電気資格コンサルタントのでんますです!

今回は某悩み解決サイトの質問から記事を書いていこうと思います。

電験三種についてです。

勤めている会社がお金を出すから電験三種を受けてこいと言われていますが、モチベーションが上がらず困っています。

背景として会社に資格保有者が少なく、今ついている選任の人も55歳で先が長くないこと。

会社の中で比較的若く先があり一種二種の工事士免許を持っていて受かる見込みのありそうなのが私しかいないこと。

このような理由ですが、そもそも資格手当が一切なく、私の業務は大元の電気設備管理ではなく生産設備の維持管理なため(機械の修理、制御盤内の修理等)、あくまで責任者としての肩書きのためのものです。また認定校卒なので実務につけばわざわざ大変な思いをして取らなくても認定で取れる等の理由もあり全くやる気になりません。

この資格があっても難易度の割にあまり利点がないことも知っています。

講習も受けさせるつもりらしく、そうなると2桁を超えるような金額になり自分の金でなくてももったいないので何とかモチベーションが上がりやる気になるような利点はありませんか?

なるほど、会社側がなりふり構っていられなくなってきた感じがヒシヒシと伝わってきますね。

さて、今回のポイントとしては以下のようになるかと思います。

①お金を出すから取ってこいというけど、そこまでモチベーションはない
②受かる見込みは自分しかいない
③業務に直接かかわるわけではない
④認定校なので試験しなくてもいい
⑤そもそも勉強するお金がもったいない

以上5点になるでしょうか。

まあ、こんなことになっているけどどうにかしてモチベーションを上げるべきなのかどうなのか迷う、というところでしょうか。

結論としては、会社を利用して取得しておいたほうがいいですね。

本気で電験合格を狙うと、単純に独学ですと3~4万円は最低でもかかりますし、講習を受講するのであれば20~30万くらいはなくなります。

そうすると、時間がないだとかなんとかして取得しようと考える人が選択する手段になりますが、今回ではリスクなくタダで受講できます。

と考えると、結構なメリットがあるかと思います。

ということで、今回はこの5点について簡単にお答えしていきますね。

スポンサーリンク

お金を出すから取ってこいというけど、そこまでモチベーションはない

まあいらないと思えばそうなりますよね。

でも、認定取得できる学校を出ているということは、少なからず電気が好きなのかなと思います。

ですので、会社のために取る!と思うのではなく、自分の将来のために取る!と思うことが重要ではないでしょうか。

例えば10年後にまた取らなきゃと考えたとき、その会社にはすでに選任となった同僚がいる可能性が高いです。

そうすると、全面的支援の元電験の勉強ができる確率は限りなく少なくなります。

だって、すでに若い活きのいいのが選任をしていますからね。

ですので、今まさにノリノリの会社を利用して取得してしまったほうが、圧倒的にプラスになるかと思います。

スポンサーリンク

受かる見込みは自分しかいない

受かる見込みがあるのが自分しかいないというのは、きっと本当に人手不足なのでしょう。

そして、将来を会社から期待されている可能性も充分高いかと思います。

ここで会社の指示通りに勉強をして、講習などでがっつり知識をつけておけば出世街道に乗ることもできるかもしれません。

そう考えると、学校で学んだような知識がまだあるうちにでも電験の勉強を始めていったほうがいいかと思います。

やはり触れていないとどんどん忘れていってしまいますから、ぜひ今のうちに勉強を始めることをオススメします。

スポンサーリンク

業務に直接かかわるわけではない

業務に直接かかわるわけではないというのは、そんなことないと思います。

やはり長いこと仕事をしていたり、転職で数々の会社を渡り歩いているといろいろな知識がつながってくるのがわかるようになりました。

具体的には、営業スキルと工事スキルはまったく相いれないものだと、若いころは思っていました。

ですが、最近になって大手企業と対等に話をする機会が増えて、あのとき学んでいたトークスキルや心理術的なコツなど非常に役立っています。

つまり、意味がないと思われるようなことでもその内プラスになってるな…と気づくときがきます。

ですので、電験がたとえ今やっている業務外であったとしても、取得しておく意義は多いにあるかと思います。

スポンサーリンク

認定校なので試験しなくてもいい

これは確かに揺れますが、認定取得もなかなかにハードルが高いですよ。

これは近くで実際に面談しに行っている人が複数いますので、大変だなーと思ってます。

まず何回も提出書類を返され、修正をさせられます。

まあ数回程度なら…と思うのですが、この面談の予約が曲者でして1回面談すると次回が半年後とかになってしまうこともあるようです。

ですので、先ほども書いた通り会社がサポートしてくれるのであれば、どんどん会社を利用して全部資格を取ってしまえばいいです。

まあ認定校も一つの策ではありますが、頑張った!という経験とむりやり頭にねじ込んだ知識こそが、実践で生きてくると思いますよ。

スポンサーリンク

そもそも勉強するお金がもったいない

まあこれは気にする必要もないかと思うのですが、会社が出すならむしろもったいなくないんじゃないですかね。

参考書すべてとかだとちょっと面倒ですが、講習を受けてしまえば参考書と過去問は会社持ち、模擬テストや小テストもやる。

勉強計画を立てて計画通りに進んでいるか適宜チェック、勉強のやり方やマインド論などなど教えてくれる内容は独学に比べものすごくあります。

そして、プロが教えてますから非常に教えるのが上手かったりして、あっという間に合格をもぎ取れるかもしれません。

ですので、極力会社側が全面サポートというのがウソでなければ、自分のお金は一切無駄にせず、資格勉強だけに集中できる環境が手に入るかと思います。

スポンサーリンク

【質問解答コーナー】会社が電験取得に全面協力してきたらどうする:まとめ

やはり、会社が全面的に協力してくれる資格取得環境はありがたいですね!

僕の会社でも資格取得を促進するプログラムがあるにはあるのですが、活用しているのかどうなのかすらわかりません。

払うお金もある程度決まっているので、上限を気にせず勉強のためだけにお金を使えるのはメリットしかありません。

ですので、ぜひ充分に会社を利用して電験の取得を目指すといいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました