【質問回答コーナー】本当に厳しい!?電気工事業界のリアルについて

質問回答
スポンサーリンク
でんます
でんます

こんにちは!電気資格コンサルタントのでんますです!

今回は、某悩み投稿サイトにて見つけた質問についてお答えしたいと思います。

現役の電気工事士の方々に質問です。

今年から某ビル管理会社に就職しまして、現在二種電工の試験対策を進めているのですが、私自身当初は、電工より主任技術者(いわゆる電験)を目指していたのですが、電気工事専門の業界でも、電工と電験の両方持っていた方が、やはり有利でしょうか?

また電気工事の業界って、どんな雰囲気ですか?

私自身は、大工の世界なんかのように、非常に厳しそうなイメージの世界なんですが、実際のところどうですか?

電気工事業界の実際のところが気になるという感じでしょうか。

さて、質問内容を細分化すると下記の内容になるかと思います。

①電気工事士と電験両方持っていると有利か
②電気工事業界ってどんな雰囲気か
③実際のところの現場の雰囲気ってどんな感じか

電気系の資格を取得しようとすると、割と気になってくるのかもしれませんが結論から言って電工と電験両方取得したほうがいいと思います。

資格レベル的にはだいぶ違いますが、電工では実技試験という形で実際に工事をする必要があります。

これができない電気主任技術者もいますので、僕としてはできる限り電気工事士から電験へステップアップしていったほうがいいと思っています。

ということで、今回はこれら3点の内容を深堀していきますね!

スポンサーリンク

電気工事士と電験両方持っていると有利か

先ほど言った通りですが、電気工事士と電験は両方持っていることに越したことはありません。

一方は現場での電気工事の仕事ができますし、もう一方は電気設備の管理運営ができるようになりますから、まるで方向性が違う資格になります。

よく電工は電験の下位資格だといって舐められたりする傾向がありますが、それぞれ独立した資格だということを理解しておくといいかと思います。

電気工事の仕事について

電気工事士では、ある一定の電気工作物に関する工事を実施することができ、変電所や発電所、送電線工事などまで行うことができます。

管理は電験持ちの電力会社が行っていますので、基本的には電気工事会社は下請けという形で工事をしていくことになります。

そして、意外と電力会社の社員は電気工事をする人に敬意を抱いている人が多いので、仕事はしやすいと思いますね。

あと、工業高校などを出て電気業界で働いていると、たまに同級生と出くわすのが面白かったです。

僕の場合は、ある神奈川の発電所で保守の仕事をしているときに、東京電力が運営している食堂へ行ったら同級生が並んでいました。

その後しばらく一緒に飯を食べる時間が何回かあったので、非常にお昼の時間が有意義に過ごせましたね。

電験を使うような仕事について

電験を持っていると、電気設備の施設管理をすることができます。

範囲は電圧の大きさで分かれていて、主に3種類の資格が存在します。

最上位は第一種で、これを持っていると全ての電気工作物を管理運営できます。

電力会社として働く場合、具体的には変電所、発電所、送電所などが主な勤務地になるかと思います。

電力会社以外でいくと、高圧や特別高圧を受電している大型施設での管理のために必要となってきます。

具体的には商業ビルやオフィスビル、遊園地や工場などになります。

主に電気設備の巡回点検や、定期的な営繕工事、修理工事などを独自の判断で行っていきますので、電験以外のスキルを必要とする場面が多いですね。

実際に必要になってくる資格も一番下位の3種で事足りる場合が多いので、どちらかというと電力会社以外ではあまり重宝される資格ではないかもしれません。

ですが、出世するのに必須という暗黙のルールを取り入れているビル管理会社もあるので、持っていて損はない資格だと思います。

スポンサーリンク

電気工事業界ってどんな雰囲気か

電気工事業界全体でいうと、非常に活気ある業界ではないでしょうか。

特に最近ではオリンピック需要が相当ありますので、かなり儲かっているようです。

僕の会社に常駐している施工管理会社は、特に忙しそうですのでもし手に職つけてガンガン稼いでいきたい!と考えるなら電気工事士がオススメですね。

ただ、職人気質な業界になってきますので、仕事ができないといじめられたりといったことがあります。

逆にやる気を出して一生懸命取り組んでいくと、かなり早く認められる傾向にあるのも特徴です。

ですので、とりあえず初心者の間は思考停止して働いて、早く仕事を覚えることを意識するといいですね。

スポンサーリンク

実際のところの電気工事現場の雰囲気ってどんな感じか

僕のケースをお話ししていくと、とりあえず仕事ができるようになるまではゴミ扱いされてましたね。

仕事に必要な工具の名前や資機材の名前、段取りの方法さらには同僚の名前すら覚えていませんから、そりゃ当たり前な話です。

入社数か月たったある日、なんとなくこうかな?という先読みスキルが身について、恐る恐る気を効かせて動いていたところようやく評価された感じです。

ですので、まず会社に入って認められるまでには下記のようなことが必要です。

①仕事で使う物の名前を覚える
②仕事の大まかな流れを覚える
③周りの動きを観察して先読み行動

これで大体うまくいくはずです。

言われたことをやるだけの人だと、定期点検作業ぐらいしか呼ばれませんから、できる限り上記のことができるようにするといいですね。

それと面白いですが、一度評価されると次から次へといろいろな仕事に関われるようになります。

そうすると、さらに仕事のスキルが付いていき成長していきます。

短期間で施工管理、つまり現場監督も任せられることもあるかもしれませんので、最初は辛いかもしれませんが頑張ってみてください。

スポンサーリンク

ビル管理の現場ではどうか

こちらでもやはり最初はゴミ扱いされる傾向がありましたね。

最初のビル管理会社では、中途入社で入った同期はすぐにどんどん辞めていき、気づいたら僕ともう一人しかいなくなってしまいました。

こちらに関しても職人色が強い業界ですし、元電気工事士の人などもいるのでそういった人向けに適した仕事の仕方をしていくと評価されやすいです。

具体的には繰り返しになりますが、先読みして早く行動することです。

ビル管理会社に勤める人のほとんどは、いろんな会社で勤めてきて最後にたどり着いた場所だったりするので、仕事ができない人が多いです。

ですので、周りもあまり期待しておらず最初はスパルタで指導することがほとんどでした。

そうすると、ちょっとした気遣いや先読みができると他者と差別化でき、すぐに評価されて出世する可能性が高まります。

大変だとは思いますが、ぜひいじめられても負けずに優秀な面を周りに見せていけば、評価されるようになりますので頑張ってください!

スポンサーリンク

【質問回答コーナー】本当に厳しい!?電気工事業界のリアルについて:まとめ

電気工事業界とビル管理業界の現状を合わせてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

職人の現場というくくりで見てみると、もしかしたら電気工事会社もビル管理もあまり変わらないかもしれませんね。

どちらも必要なのは仕事をするための資格と、実際のスキルだと思います。

資格は実際のところ電気工事会社に入社したら絶対に必要でもなく、結構無資格者もいたのでなんとかなったりします。

実際の電気工事より、掘削だったり物を運ぶことだったり段取り的な作業のほうが多かったりもしますので、意外とどうにかなります。

ですので、資格より現場に入った経験の方が大事かなーと僕としては思いますね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました