【電験3種理論】平成10年(問4)直流回路単元の解説

電験3種過去問マスター
スポンサーリンク
でんます
でんます

こんにちは!電気資格コンサルタントのでんますです!

今回は電験3種理論の直流回路単元の問題解説をしていきます。

スポンサーリンク

【電験3種理論】平成10年(問4)直流回路単元の解説

【問題難易度】レベル2(電工1種レベル)

【必要な知識】合成抵抗の計算、回路の書き換え、和分の積、デルタスター変換など

図のような回路において、端子ab間の合成抵抗[Ω]の値として正しいのは次のうちどれか。

(1)2.5 (2)3.0 (3)3.5 (4)4.0 (5)4.5

この問題は、順番に回路を書き換えていくことで解答することができます。

右と左のブロックはΔ⇒スター変換ができることがわかります。

その際、使用する公式は次の通りです。

$$\frac{3×3}{3+3+3}=1[Ω]$$

Δ部分の全抵抗を足して、スターとする2点の抵抗を掛け算します。

ですが、この問題に関してはΔ部分の全抵抗が同じ値なので、1/3にすることで答えが出せます。

よって、さらに書き換えた回路図は下記の通りとなります。

ここまで来たら後は順番に計算するだけです。

$$R_0=1+1+\frac{3×3}{3+3}=\frac{7}{2}=3.5[Ω]$$

よって、答えは(3)の3.5Ωとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました