会社を辞めて電気管理技術者として独立します

独立
スポンサーリンク

こんにちは、でんますです。

今回はこんなタイトルで申し訳ないのですが、会社を2021年9月末をもって退職することになりました。

理由は様々ですが、一番デカかったのは管理ビル売却による事業縮小、結果としてビル管理事業の撤退となり実質リストラということになります。

とはいえ、ずっと辞めようかなと考えており2021年1月くらいに上司に一度話はしていて、引き留められてましたがこの状況では引き留めようがないので(上司すらリストラ対象なので)タイミングとしては、割とばっちりだった感じです。

むしろ、同僚とかがかわいそうですね…去年中途で入ってきた人とかかわいそうすぎて自分のことのように泣けてきます。自分がその立場だったら泣きます。

そんなところで、今後どうしていくか?とかその辺のお話をしていこうと思います。

スポンサーリンク

会社を辞めて電気管理技術者として独立します

題名の通りですが、電気主任技術者として独立する予定です。

主任技術者が独立となると、電気管理技術者が真っ先に思い浮かびますが、これがなかなかなるのが難しいということで国が躍起になって増やそうとしているそうですね。

2022年から電験3種の試験が年2回になることからも、その考えが見え隠れしますが実際の問題は電気管理技術者まで到達するのが難しい問題というのがあります。

これはどういうことかというと、規定の年数の実務経験を積まないと資格があってもなれないというところにあります。

しかも、しっかり実務経験を積んでも最後に会社の押印をいただけない問題というのもあり、現状はまだまだ敷居が高い状態です。

僕も現在実務経歴証明書に押印していただけるよう会社に働きかけていますが、うまくいくのかどうか不安しかありません。

どうやら調べるとダメなら労働基準監督署に行って会社に押印するよう言ってもらう、というやり方もあるらしいですがあまりこれはやりたくないところです。

そんなこんなで、電気管理技術者として独立し電気保安のさらなる研鑽をしていこうと考えております。

スポンサーリンク

今後のブログ運営について

電気資格対策ブログとして運営して参りましたが、今後は独立関連の話題も提供したいと考えています。

実は事業用HPを作ってはみたのですが、そこになんだかんだと書き込むのもコンプライアンス的によくないだろうということで、このブログで身バレしない程度にぼかして情報提供していきたいです。

電気管理技術者さんの情報ってネットとかだとほとんど出回らないので、知りたい人めちゃくちゃいるんじゃないかな?と思ってます。実際僕も探してみた口ですし。

ですので、このブログでは引き続き試験対策や戦略を紹介しつつ自分の受験記録もつけ、尚且つ独立した先の仕事についても紹介していくブログになります。

備忘録としても、情報発信媒体としても優れているブログという形で引き続き読者さんに価値を提供できればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

専用HPでは何を発信するか

単純に連絡先や保守管理を依頼した場合の金額などを簡潔に記載したものを掲示する予定です。

まだ、金額の相場を全然把握していませんのでその辺の情報を固め次第の対応になるかと思います。

実際HPからの集客というのはかなり難しいので、この辺うまくいけるように試行錯誤していきたいです。

その他でいえば、伝えるべき連絡事項などをニュース記事として紹介してます。

例えば、事故記録とか台風の注意点とか、ある製品に不備があったとかあまり自分たちで検索されないというか共有されないであろうことをHPで見れるようにしています。

あとは、事務的な話とか150KVA規模の物件にて契約いただきました!とか、先日短絡事故が発生したようです!とか書く予定です。

なんにせよ、当ブログとターゲットが違いすぎるため当然ですがHPの内容とは明確に分けるようにしていきます。

ですので、当ブログでHPの案内等は行わないつもりですので、ご了承いただければ幸いです(同業者もしくは割と接点のある方であれば個別にご案内しようと思ってます。よろしくお願いします)

スポンサーリンク

まとめ

主任技術者というのは所詮雇われなので、勤務先の状況が変われば無用の存在となる可能性があります。

特に最近はコロナ禍により在宅ワークが増え、持ちビルを売却する動きが活発化しています。

ビルが売却されれば当然そこで働くビル管理員がいらなくなったり、契約変更となったりすることもあります。

他の現場として太陽光発電所の管理というのもありますが、おそらく大多数の電気主任技術者はビルか工場等で働いているものと思います。

ですので、今後は何があってもいいように例えば資格を取るとか、大きい実績を作っておくとかあらゆる対策を講じておく必要があるのではないでしょうか?

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました