電気管理技術者になるための各種手続きについてまとめます

電気管理技術者
スポンサーリンク

こんにちは、でんますです。

今回は先日独立をするという記事がありましたが実際開業届までこぎつけたので、そこに至る過程のお話をさせていただければと思います。

電気管理技術者の情報というのは、ほんとーにネットになくてよく閉鎖的な空間だとか言われたりします。

そういった状況を打破するためにも、僕ができる限り情報共有できればと考えてます。

もし将来的に電気管理技術者として独立する場合、役立つようまとめますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

電気管理技術者になるための各種手続きについてまとめます

ということで始めますが、まず基本的には各地域の産業保安監督部へ確認を取りつつ進めていくのが確実です。

当たり前ですが、上司に聞いても教えてくれませんので都度わからないことがあれば質問していきましょう!

実務経歴書の押印申請について

皆さんご存じ実務経歴証明書ですが、とにもかくにもこれを確実に押印までできる状況を作ることが重要です。

他の手続きは協会とかでサポートをしてくれる場合が多いですから、自分で立ち向かう最大の障壁をクリアしなければいけません。

この実務経歴証明書は記載例が産業保安監督部のHPにありますので、基本的にここを見ながら作成する感じです。下記へリンクを記載しておきます。

電気管理技術者(個人)用の申請書類

自分の実務経歴と経験年数、組織図をセットにして製本して提出します。

提出する前に郵送して確認いただくか、PDF等のメールでのやり取りで事前確認を行っていきます。

保安監督部の担当者から、この内容で押印をいただいてくださいと連絡があってから、会社に設置者の押印申請をしていく流れとなります。

押印はビル管理会社の社員だった場合、2社分必要になってくるはずなので担当者によく確認して進めていくといいですね。

また、保安管理業務講習を修了している方はその証明証を添えて提出する必要があります。

僕も計算すると4年5.5か月だったので、証明証と一緒に提出する予定です。

保安管理業務講習をご存じないかたがいれば、以前書いた記事を参考にしてみてください!

保安管理業務講習を受講したので内容と感想を紹介します
こんにちは、でんますです。 今回は2021年4月より受講可能になった保安管理業務講習に参加してきましたので、内容や感想についてお話していきたいと思います。 ご存知の無い方のために簡単に説明すると、この講習は保安法人に就職もしくは電気管理技術者として独立する場合に必要となる実務経験年数を最大2年短縮させる講習となります。

機械器具保有状況届出書について

こちらはお金が絡む話で、まあ購入できてしまえば特に問題はございません。

ただ、継電器試験器などは非常に高価で独立したての人が簡単に購入できる金額ではありません。

ですので、リストの中の物は他の人から借りることもできます。

機械器具で所持しているものは台数を書きますが、持ってないものは空欄でも0台としてもいいそうです。ちなみに僕は空欄にしました。

発電所を保守する場合は、騒音計と振動計と回転計が必要ですがいきなり発電所と契約できないと思うので、ここも空欄で問題ないです。

誰かに借りる場合の手続きとしては、この書類と共に貸してくれる人の住所や連絡先と機械器具の写真等を添付してまとめた資料を一緒に提出すればいいそうです。

僕も継電器試験器だけ用意が難しかったので、協会に借りて手続きをしています。

実際どのような書類を送るのかいまいちわからないですが、そういった形で提出手続きをクリアできるとのこと。

所属する協会によって対応は様々かと思いますので、話し合いを密にして対応していけばいいと思います。

他に職業を有していないことの説明書

電気管理技術者になると他の仕事はしてはいけませんよとなるので、その証拠残しのために提出するものです。

この書類があるので、通常会社を退職してから上記書類を含め提出していくことになります。

まあ当たり前ですけど、どこかの会社と雇用契約が残っている状態で独立はできないということですね。

ただ、同業者にいろいろ話を聞くとアルバイト的なことをやっている人はいっぱいいるそうです。

最初の数年間は仕事も少なく、収入も安定しないので本当に簡単な仕事程度のことはやってもいいと、保安監督部でも暗黙の了解で許可されているようです。

おそらく保安業務に支障のあるような仕事をするとあまりよろしくないのではと思います。

例えば、宿直業務を伴ったりとか何かあっても早退とかできない厳しい職場だと、別の収入源を得ることは難しいのではないでしょうか。

ですので、この辺は保安業務に影響があるかどうかで、副業するかどうかを考えるといいですね。

正規の金稼ぎというかわかりませんが、違う現場の年次点検応援とかで稼ぐ人もいますので伝手がすでにあるならスキルも身に尽くしこれが一番いいんじゃないかと思ってます。

電気管理技術者の業務に関する説明書

これは条件によって提出しなくてもいい書類になります。

基本の実務経験がクリアされている場合は必要ないので、もし第3種電気主任技術者免状をお持ちで5年の経験があれば未提出で大丈夫かと思います。

保安管理業務講習修了証の写し

実務経歴書のところでも少しお話しましたが、指定の講習を受講することで最大2年間実務経験年数を短縮できる制度が2021年4月から始まりました。

第3種電気主任技術者だと、通常5年の実務経験がないと電気管理技術者になれませんが、この講習を受講すると2年短縮してたったの3年の実務経験で電気管理技術者になることができます。

これは、各提出書類と一緒に提出すれば問題ないとのことですので、もし対象となる方がいればそのように対応するといいですよ。

保安業務従事者カード

個人的にこれが一番意味がわからなかったものです。

書き方がどこにも書いてないのですが、協会に聞いてもよくわからない回答だったので仕事をいただいた保安法人さんに見てもらっています。

保安監督部側の管理のための書類かと思います。

どうやら実務経歴証明書と相違のないように記載する必要があるようなので、よく確認してから提出するようにしましょう。

スポンサーリンク

申請毎に必要な書類について

上記にて説明した書類と共に、最初の1件目が獲得できたらこちらも必要なものすべてを提出する必要があります。

保安法人などから仕事をいただく場合は、こちらの手続きは基本やらないことになります。

ですが完全に個人で契約者とやり取りをする場合には、自分ですべてやる必要があるので注意が必要です。

僕は今のところ保安法人さんと契約して受託している物件しかないので、自分でどうやるかわかりません…なのでやるようになったら改めて記事を書こうと思います。

管理番号について

電気管理技術者として活動する地域にもよるのですが、僕がいる関東圏では管理番号というものが存在するようです。

①F番号と呼ばれるフリーの電気管理技術者を表す番号
②J番号と呼ばれる法人所属の電気管理技術者を表す番号
③東京電気管理技術者協会に所属の電気管理技術者を表す番号

正直、なんでこんなことになっているのかよくわかりませんが…管理物件が多すぎて分けてるんですかね?

それは置いといて、なぜこんなことを書いたというとツイッターに情報を流したら反響が大きかったんですよね。

最初全国そうなのかな?と思ってたんですが、確認していくと関東圏というか関東東北産業保安監督部管轄だけっぽいので、こういうこともあるので気を付けてくださいとお伝えしました。

何を気を付けるか?というと、番号によって仕事を受けられないことがあるということです。

これに気が付いたのは、まだ協会どこに入会しようかな?と迷っている頃でいろんな保安法人さんや協会さんに話を聞いて回ってました。

それで、保安法人さんが言ってたのは『F番号を持っていないと委託契約を結ぶことができない』ということです。

個人で物件を取ってくる分にはまったく問題ないのですが、やはり独立となると仕事を受けられるかどうかは重要ですので、選択肢は多いに越したことありませんからね…。

おそらく、J番号なるものを取っているとどこかの法人所属だから、他の法人の仕事は受けられないとかそういうことだと思います。

途中でもF番号に変更できるようですが、そこの法人から抜けない限りは受付ないのだと思います。

ですので、個人事業主で自由にやっていきたい!と考えている場合は、必ずF番号を取得するようにしたほうがよさそうです。

個人的に、これを伝えられたのはかなり大きいのかなと思ったりしてます。

東京電気管理技術者協会とか、独立したい!と思って加入したら会社に転職したみたいで自由がないとか、びっくりする話も聞いてます。

色んな働き方があるので人それぞれなんだと思いますが、自分でいろいろとよく調べてから決めていった方がいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

電気管理技術者になるための各種手続きについてまとめます:まとめ

現時点でわかる範囲のことを書いていきましたが、いかがでしたでしょうか?

知らないことが多い電気管理技術者業界ですが、これからも判明したことをこういった媒体で情報共有できればと思います。

個人事業主になりますから、サラリーマンと違い選択ミスや判断ミスなど誰も責任を取ってくれませんので、自分の判断でより良い選択ができるよう協力していければうれしいですね。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

  1. ポテト より:

    電気管理技術者協会に入会されなかったのは何故ですか?
    年次点検のリレー試験などは、応援者に教えてもらいながら行うのでしょうか?

    • でんます より:

      ポテト様

      コメントいただきありがとうございます!
      東京電気管理技術者協会のことでしょうか?こちらには入会してないですが、別の技術者協会には入会しています。
      関東県内だと選択肢が多いので、一般的な管理技術者協会でなくても問題ありません。
      リレー試験は今は応援者に教わりながらやってますね。
      覚えてしまえばそんなに難しくはないですし、昔やっていたこともあるのでそんなに苦労はしないと思ってます!

タイトルとURLをコピーしました